Category Archive: リレー・エッセイ

あなたは、抵抗派? それとも 享受派?

先日、近所のお医者さんのミニコミ紙に駄文を掲載してもらいました。
よかった読んでください。(george)

——————–

「あなたは、抵抗派? それとも 享受派?」

「惚れさせ上手」これは森昌子が今年三月にリリースした新曲のタイトルです。弱冠13歳のとき「せんせい」でデビュー。実力派アイドル歌手として歌謡曲全盛時代を15年間走り抜け、27歳で寿引退。
3人の子育て、離婚を経て、47歳で再デビュー。「心は哀しいものですね」はこの10月にリリースされた最新曲。タイトル・歌詞はもちろん、衣装や振り付けもいい意味で優艶さに溢れています。

私が森昌子のファンになったのは、昨年YOU TUBEにアップロードされている彼女の二つのコンサートを聴いたときからです。一つは1986年のファイナルコンサートで、もう一つは一昨年のデビュー40周年記念コンサートの録画です。前者は昌子チャン27歳のときのもので、透き通った高音で歌い上げていました。後者は、厳しい肉体的・精神的な試練を乗り越えた54歳の女性森昌子が語りかけるステージです。

人は加齢とともに肉体的・生理的機能は衰えてきます。天才歌手と言われた森昌子もまた例外ではありません。以前に比べると音域は狭いし、声にも伸びはありません。でも私には、心地よく、体にすんなりと入ってきます。何故でしょう?
多分、古希を迎えた私の視点が、“アイドル歌手:マサコチャン”から“人間:森昌子”へと変わったことが一つの原因かも知れません。

老化に徹底的に抗う、いや、自然の摂理として受け入れる。
この選択は人によって違い、また同じ人でも齢を重ねると変わるのかも知れません。

あなたは、抵抗派? それとも 享受派?

 

炒める時間と火加減をおぼえて・・・ロービジョン料理教室~【トマトのスクランブルエッグ】 レシピ

(Yamakum)

ロービジョン料理教室【トマトスクランブルエッグ】編

参加したロービジョンの方が、炒める時間と火加減さえ分かれば私にも出来るとおっしゃってました☆
ぜひおためし下さい♪

scramble

トマトの赤、卵の黄色、上に添えられたミントの緑

【材料】
①トマト大 5個
②玉子  5個
③オリーブオイル    大2
④塩   小1/2
⑤ブラックペッパー 少々
⑥ガーリックパウダー 少々
⑦ほんだしカツオ 粉末だし3g
【作り方】
・トマトを乱切りにする。
・玉子をボールに割り、④~⑦を入れ混ぜる。
・フライパンを温めオリーブオイルを  分量どおり入れて 強火でトマトを炒めトマトの形が少し崩れてきたら【2分半】玉子を流しいれ【1分半】お箸で混ぜながら、玉子が固まり過ぎないところで火を止める。
出来上がり。

(Kony)

おはようございます、Konyです。昨日はプチ料理教室に参加させてもらいました。
旬のトマトをたくさん使ったトマトのスクランブルエッグ、とても作りやすく良いレシピを教えてもらいました。S月さんありがとうございました☆トマトと卵の炒め具合は、火加減と時間を覚えたら、私にもできるかなと思いました。さっそく家で作ってみたいと思います♪
また良いレシピがあれば教えてください~楽しみにしています☆

完成しないパズル・・・さわさわ3周年によせて

(Kana-J)

今日は、さわさわの3周年の誕生会でした。
みなさん、お忙しい中、今日の日の為に沢山の方々が御集りくださりました。総勢28名での有難い誕生会でした。ありがとうございました。
今日の日を、みなさん、それぞれの想いのなかで祝ってくださったことでしょう。去年の2周年から、また1年。今日を迎える間にも色んなことがあり、大きく環境も変わりました。その中でも変わらなかったことがありました。それは、みなさんが変わらずに、さわさわを大切な場所であると思ってくださっていること、なかなか足を運ぶことが出来ない方であっても、忘れないで思いやってくださっていることでした。たとえ、目に見える距離に居られなくても、日々、一緒に動いていけなくても、さわさわへの想いだけは変わらず、これから持ち続けていただけたら有難いです。できる形で応援し、支えていただけたら、さわさわにとってこれほど幸せなことはないと思います。

そして、また新たな想いを乗せて、さわさわの歯車は動き始めたことでしょう。これから進んでいく中で、変わらないもの、変わりゆくもの、あると思います。それでも、さわさわの成長、発展のため、これからもお力添えを宜しくお願いします。

最後に、これは、以前にも言ったことがあるのですが、【さわさわ】はパズルのようなものです。みなさん、おひとり、おひとりが【さわさわ】というパズルのピースを担っておられます。決して一つでも、欠けては完成しない大切なピース。でも、【さわさわ】というパズルが完成することも決してないと思います。それは、これから先、歩んでいく中で【さわさわ】がもっと成長し、そのパズルは何倍にも大きくなり、その大きさの分だけピースの数も増えいくからです。決して、完成しない未完のパズル。だからこそ、終わりがなく、未来永劫続いていくのです。
完成しないパズルであることを願います。

233d3d01

発信していくことで、変えていける

(Kana-J)

火災報知器

 

 

 

 

 

 

■■昨日のゼスト御池での警報音ですが、原因がわかりました。

本日、NoriWさんや、Yamakumさんが市役所駅の駅員さん、ゼスト御池の事務局に確認してくださり、昨日の出来事も伝えてくださりました。
確認してくださったところ、火災報知器をお客様が誤って押されたようでした。
気づいた近くの店の方が、スイッチを切ってくださったようです。
NoriW さんとYamakumさんは、ゼスト御池の事務局の方に、昨日の警報音が鳴っている時に、視覚障がい者が通りがかり、たいへん驚いたこと、音が止まっ ても誤操作などの状況説明がなかったのでとても不安だったこと、もしアナウンスがあれば安心して歩行を再開できたであろうことを伝えてくださったとのことです。
そうすると、対応してくだっさた職員さんも良いかたで、このことを会議に上げてくださるとのことです。
この機会を通して、ゼスト御池さんの配慮の向上につながれば、私たち、視覚障がい者にはとても有り難いことですね。
こうして、発信していくことで、身近な周りや、世の中でさえも変えていけるのでしょうね。

視覚障がい者にとっての非常ベルの音(警報音)

(Kana-J)

今日の送迎の道中での出来事についてお話させていただきます。

内容に入る前に、皆さんに先にお伝えしておきます。
ゼスト御池では、緊急時および、それ以外の場合でも警報機は鳴ることがございます。もちろん、メンテナンスや点検はあるかと思われますが、警報音が鳴っていても、警報音の後にアナウンスなどがない場合がございます。(事前にあるかもしれませんが、ハッキリとはわかりません)
もし、警報音の鳴っている時に歩いておられる場合は、慌てず、ゆっくり状況確認をお願いします。
そして、気を付けて歩くようにお願いします。

それでは、道中での出来事をお話します。
送迎の道中、市役所のゼスト御池に下る階段で、警報音が聞こえてくるのを感じました。
足が進むにつれ、だんだん警報音が近く、そして大きく聞こえてきます。
地下に着いても、しばらくは警報音が鳴りやみませんでした。
一体、何が起こっているのか。歩く周りの人たちも足を止め、不安な形相がうかがえます。
しかし、いくら周りも見渡しても、状況はいつもの地下街と何ら変わらないようです。
煙が出ていたり、慌てて走っている人たちが居るようすもなく。
また、お店の店員さんも、普段通りに働いておられます。
そうこうしているうちに、警報音がパッと鳴りやみました。
もしかして、警報機の点検だったのだろうかと思いながら、また歩き出しました。
しかし、点検にしてはアナウンスの一つも流れません。
点検ではなかったのだろうか。
また、事前にアナウンスや、お知らせがあったのだろうか。
色々考えましたが、結局、最後までその警報音が何のために鳴っていたのか、僕はわからないままでした。

ただ、一つ思ったのは、今日のような状況は何も起こっていなかったからこそ良かったものの、見えない、見えにくいぼくたちが単独歩行をしていたら、とても怖い出来事だったと思います。
突然の警報音に驚き、恐怖に駆られ、足が動かないということもありえるかもしれません。
このような緊急時以外での警報機の点検の際でも、事前と事後にアナウンスが必ず必要だと思います。
そして、  周りの状況を伝えてくれる人の存在の大きさや、伝えることの重要さを改めて痛感しました。

火災報知器

株式会社エムケイ様より共同募金の助成金

ご寄付をいただきました! 詳細はこちら ===========>>>>> ■

MKさんとの記念撮影♪(MKさんにいただきました)

MKさんとの記念撮影♪

K新聞に掲載されました!

MK新聞に掲載されました!

よし笛デュオ・さわさわ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よし笛デュオ・「さわさわ」は、町家カフェ・さわさわが誇る、HさんとTさんふたりのロービジョン女性のデュオです。ふたりからのメッセージです。

——————————-

ある日
素敵な音色に出会いました

それが
よし笛の音色だとわかるには
時間が
かかりました。

いろんなとこに
問い合わせしました

運良く
先生とのご縁がありました

先生とメンバーのおかげで
今に至っています。

人前で
演奏させてもらうことで
上達するのだと
先生に
励ましていただき
さわさわで
発表会をしたのが
最初のステージでした。

更に
視覚障害者の文化祭に
毎年出演したり
また
老人ホームの慰問にも行っています
先日は保育園にも行かせてもらいました。

よし笛を始めて
楽器を
演奏する喜びを
感じて います。
演奏曲目の中心である童謡・ 唱歌を
楽しみ、また広めていけたら
いいなと思います。

これからも
息の長いデュオとして
ぼちぼち活動していきたいと
願っています。

メアリー

コーヒーの注ぎ方~「見えない・見えにくい」編

feature_pic10

(Kony)

見えない、見えにくいとコーヒーなどの飲み物をカップに注ぐ時どのくらい注げたか分かりづらいですよね。
今日、Kana-Jさんがこんな考案をしてくださいました!
音声の計りを使う方法です。
計りの電源を入れ、空のカップをのせもう一度電源ボタンを押して、フウタイゼロにします。そこへ130グラムくらいになるまでコーヒーを注いでいきます。(さわさわのお客様用カップの場合です)
これなら上手に注げそうですね!良いアイディアですよね☆皆さんも試してみてくださいね☆

(Kana-J)

Konyさんが紹介してくれた、このコーヒーの注ぎ方は、今日、月曜日メンバーの知恵の賜物でしたね。
決して、僕一人で出せたアイディアではありませんでしたよ。
みんなで取り組んでみたから、何が問題で、どこに改善点があって、どうすれば一人でもできるようになるのか、みんなで考えたから、その発想に繋がったんです。
いつもより良い方法を考えてはいるのですが、なかなか一人では知恵は出せません。
さわさわには、色んな見え方のひとがいます。
それぞれの見え方によって、出てくる発想も違うでしょうしね。
だから、より多くの人が集まってアイディアを出し合う大切さがありますね。

もし今回の方法で、コーヒーが注ぎやすくなったひとが増えたら嬉しいですね!
また、みんなで知恵と力を出し合いましょう。

「見えない、見えにくい者同士だからかな…」~帰宅途中のバスで

(Kana-J)

今日、僕はバスを利用して帰りました。
その道中の出来事のお話です。

そこそこ人の多いバスに乗り込み、僕は、たまたま優先座席の前に立って乗っていました。
バス停が過ぎるにつれ、前の優先座席が空き、でも、誰も座らないまま、幾つかのバス停が過ぎました。
どこかのバス停からか、自分の右隣を見ると、女性が乗ってこられているのに気づきました。
でも、女性とわかったのも、横目でぼんやり見えた顔からなんとなくわかるくらいです。
僕は、右眼の視野が極端に狭いので、顔のあたりくらいしか視界には入っていませんでした。
そのため、あるモノの存在を見落としいることに、その時の僕は気付いていませんでした。

そして、その女性は、僕と同じく、前の優先座席には座らないご様子。
「どうして座らないのかなー」とか思っていました。でも、その女性が降りる時に、気づいてしまったんです。
そう、その女性が白状を持っておられたことに。この女性も眼が悪かったのだと、その瞬間に僕はようやくわかったのです。

その女性が降りた後、僕はなんだか申し訳ない気持ちになりました。
もう少しよく見て、気づいていれば、座席が空いてることを伝えられ、誘導もできたかもしれないのにと。

見えない、見えにくい者同士って、こういうことが起こりうるのだと痛感した帰り道でした。

毎日新聞、全盲記者・佐木さんの記事

(Kano-T)

先日11月28日(金)の毎日新聞の朝刊のオピニオンの欄に、点字毎日部の全盲の記者佐木さんによる「視覚障害者の一人歩き」という記事が載りました。少し前に、白状や盲導犬を使って一人歩きをする視覚障害者がけがをするなどの事件が続きましたが、トラブルや偏見をなくす一番の方法は、社会の理解を深めることだという、あたりまえだけど、とても大事なメッセージを伝えています。視覚障害者の立場から、Yuyuさんも取材を受けています。
福祉制度が進み、教育現場での福祉の取り組みも増えてきているようですが、いまだに白状や盲導犬が視覚障害者にとってどれだけ大切か、十分に伝わっておらず、そんな状況を変えられるのは、当事者や関係者らによる生の声と積極的な実践だと記者の佐木さん。佐木さん自身、娘さん2人の朝の幼稚園の送りを担当。盲導犬や白状を使って子供と通園するスーツ姿の視覚障害者に、最初は周りは戸惑っていたようですが、4年間あいさつを交わすうちに、自然な風景に変わり、卒園後も地域の人たちから声を掛けられ、良好な関係を築く機会になったそうです。佐木さんの言葉をそのまま引用します。
障害の有無を超え、互いが歩み寄ることで、新たな体験の場が生まれ理解が深まり、大きな動きになる。「街を行く人たちと共に社会を変えたい」という思いを胸に、全盲記者ならではの記事を発信を続けたい。
さわさわも、障害の有無を超え、互いが歩み寄ることで、新たな体験の場となり、理解が深まるきっかけになりますように。

古い記事へ «