町家カフェさわさわ ナビゲーション
町家カフェ・さわさわとは? メニュー 交通アクセス・地図
さわさわYOGAレッスン イベント カフェブログ

イベント

2月1日からヨガ教室再開です

こんにちは、Konyです。
しばらくお休みとなっていました、エイ先生のチャリティーヨガ教室ですが、
2月から再開してくださいますのでお知らせいたします。
2月1日(水)13時から14時開催です。
2月は全週開いてくださいます。
参加を迷われてる方は是非一度、ヨガを体験してみてくださいね。
ゆったりすっきりした時間を過ごしてみませんか?お待ちしています☆

2016年12月8日 子守歌コンサート

(Tゑ)

吉田大治さんによる子守歌コンサートです。玉城忍さん赤澤淳さんがコラボされました。
40名程の観客は日本各地、島唄、ロシア、ジャズと多くの子守歌を楽しみました。
小さな子供は本当に眠り、大人は歌声に魅せられました。
ロバのパン屋さん、パルナスの歌など懐かしい歌もあり、イントロクイズも皆が沸きました。
さわさわの2階は静かな熱気で一杯になりました。

img_2616 img_2612 img_2620 img_2618 img_2617

12/8(木)子守歌ミニコンサート

島唄なひとときでおなじみの 三匹のサムライ達が贈る
「子守歌ミニコンサート」

毎週月曜日の島唄なひとときで素晴らしい歌声をご披露頂いている
吉田大治さんによる子守歌コンサートが開催されました
特別友情出演の玉城忍さん、赤澤淳 (あかざわあつし)さんとの息の合ったコラボや
全員参加のお楽しみ企画もありました。
子守歌に癒され、玉城さんの島唄と赤澤さんのブズーキ(大きなマンドリン)に酔いしれ、
そして、おなじみの島唄や沖縄ソングで盛り上がりました。
お昼ご飯、持ち込みで、みんなでワイワイ楽しくお昼しました。
「中村屋」の助六弁当(900円)もご用意しました。盛りだくさんな午後のひとときでした。

【日時】 12月8日(木) 13:30~15:00
【場所】 町家カフェ・さわさわ 2階
【協力費】 500円
※協力費はすべてNPO法人ブライトミッションをつうじて
視覚障がい者就労支援活動に使わせていただきます。
【曲目】 竹田の子守唄、中国地方の子守唄、サマータイム、ファムレウタほか…
【サムライ達のプロフィール】
吉田大治 僧侶にしてフリーアナウンサー。ほら貝片手にさすらう謎の男
高校時代から「人間ジュークボックス」と呼ばれていた。
赤澤淳 (あかざわあつし) アイリッシュブズーキの第一人者。
スタイリッシュな音楽から炭坑節まで何でも弾きまっせ。
玉城忍 さわさわが誇る島唄の星。三線(さんしん)担いでどこにでも!。
ときどき飛ばす親父ギャクは、沖縄の暑さにうってつけ。

 

「島唄なひととき」の開催時間変更

いつもありがとうございます。

毎週大好評な月曜日のライブイベント「島唄なひととき」ですが、

2017年1月からは

毎週月曜日13:30~14:30

へと変更させていただきます。

なお12月中のライブは、

12(月)19(月)14:15からです。

よろしくお願いいたします(^^)

11/21(月)「島唄なひととき」貸切りのお知らせ

いつもありがとうございます。

毎回大人気の月曜日恒例イベント「島唄なひととき」ですが、

11/21(月)は12名の団体様によるご予約のため、

当日のカフェ営業は終日貸切りとさせていただきます。

よろしくお願いします<(_ _)>

11/16(水)はカフェをお休みします

いつもご来店ありがとうございます。

11/16(水)は動物園遠足レクリエーションのため、

勝手ながらカフェの営業は休ませていただきます<(_ _)>

※当日ご参加いただけるボランティアさんを募集中です
お電話やメール等でご連絡ください

第2回 島唄なひとときスペシャルのご案内

   第2回 島唄なひとときスペシャル

「さわさわ・歌声カフェ みんなで島唄なひととき」

前回、大変ご好評いただきました島唄スペシャル第2弾を10月19日に開催いたします。
今回は、島唄の間の手(あいのて)を練習したり、おなじみの沖縄ソング
「涙そうそう」や「花」などをみんなで熱唱し、そして島唄に合わせてパーランク(太鼓)や
三板(さんば=カスタネットのようなもの)でにぎやかに盛り上がりましょう!
皆様のお越しをお待ちしております。

【日時】10月19日(水) 13:00~14:00
【場所】町家カフェ・さわさわ 1階

※お昼ご飯、持ち込み可ですので、
良かったらスタッフと一緒に楽しくお昼しませんか?

さわさわ納涼落語会

いつもありがとうございます。
急な話ですが、桂 福点さんが、さわさわの二階で落語をしてくださることになりました。ご存知のように福点さんは視覚障害のある落語家さんでNHKのバリバラなどでも活躍されておられる方です。
ブライトミッションの理念に共感してくださり実現することとなりました。
夏真っ只中、納涼落語を楽しみたいと思います。どうぞお越しください。

日時 8月13日(土曜日)13時半から(12時半から入場できます。)
場所 さわさわ2階
参加費 1,000円(見える人も見えにくい人も見えない人もみな同じ)

申し込み さわさわまでお申し込みください。先着30名で締め切ります。

さわさわ納涼落語会2016

クリックするとチラシが拡大します

さわさわ4周年を迎えて

今日は、さわさわの4周年の誕生会でした。
みなさん、お忙しい中、今日の日の為に沢山の方々が御集りくださりました。総勢35名での有難い誕生会でした。
ありがとうございました。

今日の日を、みなさん、それぞれの想いのなかで祝ってくださったことでしょう。
去年の3周年から、また1年。
今日を迎える間にも色んなことがあり、また大きく環境も変わりました。
その中でも変わらなかったことがあります。
それは、みなさんが変わらずに、さわさわを大切な場所であると思ってくださってい
ること、なかなか足を運ぶことが出来ない方であっても、忘れないで思いやってくだ
さっていることでした。
今年では、Genkiさんが歌をご披露してくださったり、さわさわが誇る、よし笛デュオ、ウクレレ隊の演奏もあり、有意義な時間を過ごしました。

今日、来られなかった方も、たとえ、目に見える距離に居られなくても、日々、一緒に動いていけなくても、さわ
さわへの想いだけは変わらず、これから持ち続けていただけたら有難いです。
できる形で応援し、支えていただけたら、さわさわにとってこれほど幸せなことはないと思います。

そして、また新たな想いを乗せて、さわさわの歯車は動き始めたことでしょう。
これから進んでいく中で、変わらないもの、変わりゆくもの、あると思います。それでも、さわさわの成長、発展のため、これからもお力添えを宜しくお願いします。

これは、もう何度か話していることではありますが、【さわさわ】はパズルのようなものです。みなさん、おひとり、おひとりが【さわさわ】というパズルのピースを担っておられます。決して一つでも、欠けては完成しない大切なピース。でも、【さわさわ】というパズルが完成することも決してないと思います。それは、これから先、歩んでいく中で【さわさわ】が、もっと成長し、そのパズルは何倍にも大きくなり、その大きさの分だけピースの数も増えいくからです。決して、完成しない未完のパズル。だからこそ、終わりがなく、未来永劫続いていくのです。完成しないパズルであることを願います。

最後に、今回七夕の日に紹介できなかった、恒例の短冊の願い紹介です。
さわさわでは、今年も沢山の方が短冊に願い事を書いてくださりました。いくつか載せさせていただきます。

「みんなが健康で楽しく過ごせますように。さわさわの、ますます発展を。」
「さわさわのすてきなタイム。ありがとう。ここが、これからもみんなの笑顔があふれる場になりますように。」
「障害があっても、なくても、働ける場所が確保されますように。」
「みんなが元気に、さわさわに笑顔で通えますように。」
「星に願いを。さわさわが、いつも笑顔で包まれますように」
「良い人にめぐり会えますように!!自動運転(車)ができるようになりますように!!」
「自宅からさわさわまで道中で、出あう人たち、さわさわの活動を知ってもらえますように。」
「みんなで、沖縄に行きたい~」
「事故も、ケガも、ケンカもなく、毎日、楽しく、過ごせますように。 さわさわ一同」
などなどでした。
みなさん、さわさわへの温かな想い、願いや、社会に向けた発信まで書いてくださってますね。
さわさわに想いを乗せてくださった方々、ありがとうございました。

たんざく

琵琶のひびきに出あう会~2016報告

琵琶のひびきに出あう会のチラシ本日は、【琵琶のひびきに出あう会】でした。
今回で二度目となる琵琶の演奏会。
筑前琵琶日本橘会より、重田旭照手(きょくしょうて)、そして、橘会師範であられます谷口旭佳(きょくか)の、お二方にご演奏いただきました。

本日、ご参加の方々は、市内からお越しの方が多く、総勢19名の中での演奏会でした。なんとも贅沢なことに、会場の座席からは、琵琶をまじかでご覧いただきながら、お聴きいただくことができました。
演目は、関ケ原(せきがはら)、一の谷、衣川の、豪華三演目をご披露くださりました。演目解説、演奏に入りますと、頭の中でその時代や歴史がよみがえるような、自然とその中に自分がとけ込んでいくような感覚がありました。そして、目の前で聴く琵琶の響きには、繊細でありながら、高く響きわたる迫力、瞳をとじれば、その情景が目の前に広がるような臨場感がありました。筑前琵琶の音色に、引き込まれそうで、とても素晴らしい演奏を聴かせていただきました。また、質疑応答の時間には、演奏者の重田さんが琵琶を持って、おひとり、おひとりの席を回ってくださり、ご参加された方々は、琵琶を実際に手で触れて、いろんな質問などもされていました。
琵琶に触れる、またとない機会、そこでの会話もいい交流となり、お喜びいただけたのではないでしょうか。

そして、人間に与えられ、備わっている素晴らしい感覚である・・・五感。
今日は五感がフル活動していたのではないでしょうか。見て感じる視覚。ひびき、音色を感じる聴覚。モノの温かみを感じる触覚。これらの感覚が研ぎ澄まされ、より鮮明に感じ、カラダに伝わってきたのではないでしょうか。
もしかしたら、鼻の効く方は、琵琶の楽器から伝わる、楽器そのものの匂いまで感じた方も、中には居られたかもしれませんね。

本日は、色んな方々が集い、同じ時を過ごしました。
当たり前だけど、今回の演奏会がなければ出逢わなかった人たち。何かを通して初めて出逢い、隣に座って同じものを共有する。その先には、他者理解や、相互理解につながっているのではないかと、改めて感じました。

古い記事へ «