五感を鍛えるプロジェクト

とかく視覚情報にたよりがちな現代社会。

視覚をオフにしてみることで、さまざまな感覚をよびさましてみましょう。
思いがけない素敵な世界が広がっているかもしれません。
自然界や、自分自身の内面の、気付かなかったことに気付くかも知れません。

 


さわさわYOGAレッスン

写真:さわさわヨガレッスン風景「視覚障がい者と晴眼者がともに汗をながし五感を鍛えるヨガ・レッスン」をキャッチフレーズに、毎週月曜、ワンコイン(500円)でヨガレッスンを行っています。講師は、トネ・エイ先生です。

(さわさわYOGAレッスンのページは、こちらをご覧下さい)


心に音風景(サウンド・スケープ)を描いてみませんか?

画像:よし笛デュオ・さわさわ演奏会 チラシ第1回・さわさわ・よし笛デュオ演奏会(2013年2月3日)
「よし笛で描く、春を待つ音風景」

よし笛は、琵琶湖畔の葦(よし)でつくられた笛。
自然の素朴さが表現できる小さな癒し系の楽器です。
その音色は太古から吹かれていたような自然の風の音色からは意外に思われるかもしれませんが、1998年に考案されたとても新しい楽器です。「風景を音で描きたい!」という自然愛好者によって生み出され、自然を愛する人々の間にじわじわと広がり愛されています。
ロービジョンの女性ふたりのデュオによる演奏です。
そっと目を閉じて、春の訪れの風景を心に描いてみませんか?

よし笛デュオ・さわさわ演奏会

 

 

 


よし笛チラシ秋

第2回・さわさわよし笛デュオ演奏会

日時:2013年9月1日(日)11:30~12:00
場所:町家カフェ・さわさわ(入場無料、定員30名)
曲目:秋の唄メドレー(里の秋、もみじ、赤とんぼ・・・etc)
島唄、涙そうそう、イギリス唱歌など

よし笛で描く・・・秋の音風景。
ほんのひととき、足を止めて、目を閉じて、
心に秋を描いてみませんか?
町家の2階を流れる風と素朴な音を感じて下さい。
どなたでもご参加いただけます。無料です。

 

<よし笛デュオ・さわさわからのメッセージ>
「私達は、大阪の保育園児にもよし笛の音色をとどけています。
白杖と点字ブロックと点字のおはなしとともに・・・。
優しく素朴なよし笛の音色にのせて、
視覚障がい理解を少しずつ広めていきたいと思っています。ぜひ耳を傾けにおこしください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし笛ちらし2016初夏クリックするとチラシが拡大しますよし笛ちらし2014冬(印刷用青強)

よし笛2014春(L)


島唄なひととき(毎週月曜開催)/沖縄な会(毎夏開催)

K3400027

見えるひと・見えないひと・見えにくいひと、みなが沖縄に酔いしれるひととき。歌って踊って楽みましょう♪
■ 「島唄なひととき」
玉城忍さんによる、沖縄歌、三味線、無料ライブです!
さわさわで、おいしいお茶を飲みつつ・・・または、お食事をしながら・・・・お気軽にいらしてください。まったり・・・にぎやかに・・・楽しくゆったりした時間をご一緒しましょう!

■ 「沖縄な会」

「沖縄音楽を通しての人と人とのつながり、心の癒しから、共に歌って踊る楽しいひとときまで。みなさんと共に心温まる時間を過ごせればと思っています。」

tamakisan玉城 忍(島唄&三線)

京都出身、京都在住。
先天性緑内障で弱視として生まれ、盲学校で育つ。
子供時代から音楽が好きで、様々な楽器に触れて育ち、21歳のころから沖縄生まれの父や沖縄生まれの親戚たちがやっていた歌三線に興味を持ち、大阪の教室で教わり始める。
2001年 第19回 琉球民謡コンクールにて新人賞受賞。
2002年、視力をほとんど失い失明宣告を受けるが独自に音楽を続け、2011年より多くのみなさんに支えられながら演奏活動を開始。

沖縄な会 チラシ画像

沖縄な会2013チラシ 沖縄な会2014チラシ


暗闇カフェ(開催予定)~「見えない」ことを体験してみませんか?

暗闇で食事をすることで、視覚以外の感覚を再認識することができます。東京で有名な「ダイアログ・インザ・ダーク」など、コミュニケーション能力の向上を図ることができ、新入社員の研修プログラムの一環として採用している会社も多くあるそうです。