「こおろぎの声 №97」

(Kana-J)

この度、京都YMCAこおろぎ様が発行している「こおろぎの声 №97」に、玉城さんはじめ、さわさわの記事が掲載されていましたのでご紹介させていただきます。

【ここから】

「こおろぎ交流会 2月26日 長谷川正國」今回の交流会は、120年の時を超えた落ち着いた雰囲気で、こころに響く琉球民謡と三線を聞いていただこうと考えました。会場に選びました【まちやカフェ「ちゃーみーちゃっと」】は、旧山陰街道の宿場町・樫原にある町家で、すぐ隣に京都市内では唯一残る参勤交代の大名の宿所・本陣の遺構となっている樫原本陣跡(現在は玉村家住宅)があり、今も内部は大名が座る上段の間などがあって市の指定文化財になっています。
「ちゃーみーちゃっと」では広い裏庭の見えるお座敷をお借りできました。
第一部琉球民謡・唄と三線演奏を約1時間、玉城忍さんの演奏をたっぷり聞き、合唱もしました。
玉城忍さんは先天性緑内障で弱視として生まれ、沖縄出身の父から手作りの三線を譲り受け、盲学校に通いながら古典民謡を学んで、20才のころ本格的な沖縄音楽のコンサートを見てこころがふるえ、真剣に沖縄音楽と向き合うようになります。
2001年に琉球民謡コンクールで新人賞受賞。27才の時に失明されるが、独自に練習を続けて2011年より演奏活動を開始された。
この人の歌声にオーディエンス(聞く人)の心が震え、勇気と希望を与えています。
※毎週月曜日14時15分から15時15分 町家カフェさわさわ(麩屋町二条下る)で、さわさわ音楽デー「島唄なひととき」無料ライブを開いているのでどうぞ。

第2部はおばんざいランチ、ミーティング、おしゃべりとゆっくりした楽しいひとときが過ごせました。

YMCAこおろぎの皆さん、ありがとうございました。

【以上「こおろぎの声 №97」から一部抜粋】

写真の一覧には着物姿で三線を演奏されている玉城さんと知子さん、ゆきとくんの姿がありました。

最後に今回ご紹介させていただきました京都YMCAこおろぎの詳細を下記に載せておきますのでご覧ください。

「京都YMCAテープライブラリーこおろぎ」【活動目的】
視覚障がい者と共に考え生きる。
【活動内容・活動形態】
視覚障がい者のためのテープ雑誌の制作、依頼図書の音訳、視覚障がい者との交流、朗読トレーニング
「URL」
http://kyotoymcavb.jimdo.com/

【編集構成 蔵本(利用者)】