「不自由」を「自由」に・・・~バリアだらけの町家にてガイド・ヘルパー養成研修

(NoriW)

昨日、K医健専門学校視能訓練士学生のガイド・ヘルパー養成研修最終日の演習、「さわさわ訪問」が無事終わりました。受講生のみなさんはバリアだらけの町家で見えない、見えにくい人が働いていることに驚き、不自由は分かち合い助け合うことで自由に変えられること、見える見えない見えにくいみんなの相互理解こそが大切であることを実感したと思います。
さわさわがこうしてあればこそ、人が集い、視覚障がい理解を深めて世の中へ広げて行けるのだと、さわさわのことをさらに愛しく思った1日でした。日々、多くのスタッフの方々に助けていただいていることに深く感謝いたします。