さわさわメンバー恒例~2015年、今年の漢字

試 知 初 生

  • 「試」です。こころみる、という漢字です。今年は色んな変化とともに、チャレンジの機会に恵まれた一年でした。仕事では自分の役どころが変わり、自分に舞い込んでくる仕事も真新しいことばかりでした。わからず手探りで進む日々、不安、緊張、失敗、葛藤、色んな思いを経験しました。事業所に降ってきたチャンス(仕事)も、初めてのことが多く、そのすべてが挑戦であり、何かを試されているかのように色んなことがありました。初めての仕事へのチャレンジも、みなさんに助けていただきながら、向き合うこと、進むことができました。このようなステージに自分が立てていることの有難さをもって、来年も仕事したいと思います。まだまだ、事業所としても、自分としても道半ばであるので、まずは出来ることから自分の目標を成し遂げようと思います。現在、在学している専門学校の勉強も中途半端なので、来年一年は社会福祉士の資格取得に向けて勉強に精進します。(Kana-J)
  • 『初』です。今年は、初めてのことがたくさんあった一年かなと思います。初めてMK新聞に載せていただいたり、ラジオに出たり、初めて行く場所や会う人、本当に初めてが多かった年でした。また来年もたくさん初めてが経験できたら良いなと思います。(masami)
  • 「知」です、皆さんのさわさわへの熱い想いを知り、一人一人がさわさわを「自分達のさわさわ」と考えておられることを知りました、ニュースレターを読んで、自分の知らなかった「さわさわ」の 歩みを知りました、目が見えない見えにくいということを わかっているつもりでしたが、知らなかったことがいろいろありました、知らないということは強い、知ることの方が怖い。これからも、皆さんいろいろ教えてください。出来れば、ゆっくり噛み砕いてお願いします。(K田)
  • 「生」。「生きるです。生きるのが辛かったり、しんどかったり、どうせ最後は死んでしまうのに、生まれ変わって生を繰り返す、そんなことになんの意味があるのか、何の為に生きているのか。何を拠り所に生きれば良いのか。そんな思いを抱えた1年でした。明確な答えを得たわけではないけれど、しんどくても辛くても、何の為かわからなくても、とにかく生きなくてはいけない、生きよう、と、やっと最近、思えるようになりました。辛くても、苦しくても、とにかく笑って、生きていこうと、思うようになりました。生きようと思えるようになったのは、いつもまわりで見守り、支えてくれる人がいるから。さわさわで出逢ったご縁に、心から感謝します。ありがとうございます。(Yoshikyo)
  • 出会いの「会」(あう)です。8月から「さわさわ」の一員に加えて頂き、たくさんの方との出会いがありました。私の今年の漢字は、出会いの「会」(あう)です。今年は、心に響くこと、心揺さぶられることがたくさんありました。今年は、心に響くこと、心揺さぶられることがたくさんありました。そして、深くもの思い、深く考えさせられた年でもありました。大切なことを気づかされ、いろいろなことを教えられた一年でした。これもたくさんの方々との出会いがあったからこそだと思います。引き合わせてくれた「さわさわ」に感謝です。そして皆さん、本当にありがとうございました。来年も「さわさわ」が、夢膨らむ場となることを願っています。(G藤)
  • 私も出会いの 『会』(あう)です。新しい職場、新しい仕事、新しい人とのたくさんの出会い、新たに感じた我が子の気持ち、我が子の成長、自分の新たな発見、さまざまな出会いがありました。(Yamakum)

会会2