さわさわ楽団初ステージ~京大病院クリスマス会のチャリティーライブ報告

(楽団長)

玉城です。さわさわ楽団のみなさん、今日はお疲れ様でした。
無事に京大病院クリスマス会のチャリティーライブが終了しましたね。
とっても良い感じで、さわさわ楽団の初ステージを行えて本当に良かったです。
S井さんをリーダーにみなさんの掛け声、そしてパーランクー。とても揃っていて観
客のみなさんにしっかりと届いたことだと思います。
記念すべき一日になりましたね。
みなさん、本当にお疲れ様でした。
いよいよ明後日は施設訪問。
この調子で楽しく元気に行ければと思います。
今日は本当にありがとうございました。

—————————

皆様、今晩は!S井です!本日の京大病院のチャリティーコンサートですが、玉城さんは、いつも通り、冷静ですばらしい歌声と三線で、歌で観客を酔わせていました(o^_^o)それにひきかえ、サブリーダーの私、S井は、合いの手のタイミングもバラバラで、玉城さんが、マイクを通して入れました!何とか無事に終わり、さわさわに帰ってきた時に、K川さんに「Sちゃん、いつもの元気なかけ声じゃ無かったな」と言われ反省をしていた今日この頃で、家路を急ぎました(^-^;とにかくチャリティーライブを見に来て下さったお客様が喜んでいただけたのが幸いでした(^^)v

—————————

(YoshiKyo)

京大病院でのクリスマスチャリティーコンサートに行ってきました。
参加したのは、玉城さんも含めて、利用者さん10名、ボランティアさん3名、職員2名。
京大病院の玄関ホールのコンサートスペースには、大きなクリスマスツリーとグランドピアノ。偶然にも(必然?!)主催者はさわさわボランティアさんのH本くん。同じくボランティアさんのM口さんのお顔もあり、なんだかほっとするような気持ちになりました。

配られたプログラムを見ると、なんと!
2 サンシン&ウクレレ 玉城忍&松村トモ ウィズ さわさわ音楽隊!の文字が!
うれしいような、恥ずかしいような。
「・・2番目に出るさわさわです・・月曜日にライブもやっています・・」と、Kyokoさんと二人、さわさわのチラシを集まっておられる方々にお配りしました。

玉城さん、トモさんと共に、前に出たのは、S井さんとボランティアのIKMさん、M美ちゃん、Yoshikyoの4人。その中で楽団の練習経験があるのはS井さんとYoshiKyoだけでしたが、客席からも聞こえるパーランクーの音や、口ずさむ歌声が、ステージと客席のさわさわ楽団を1つにしてくれたような気がします。
ステージから見ると、60人くらいの方が聞いて下さっていて、一緒に歌ったりリズムを取ったりされていて、とても優しい時間だなあと感じました。

はしゃぎすぎることもなく、とてもいい経験だったのではないかなと思いました。
さわさわに帰って、「良かった~」
「楽しかった~」
「今度は前で歌いたい」などの声が。
またこれから、いっぱい練習して、どんどん外へ発信して行きましょう。
3曲め、最後の曲は
♪マタ ハーリヌ チンダラ カヌシャマヨ~♪
と歌いました。
玉城さん、ありがとうございました。
S井さん、皆さん、お疲れさまでした。