さわさわ4周年に向けて

(Kana-J)

本日で、6月も終わり、明日から7月に入ります。
そして、7月10日はさわさわの4周年記念の誕生会です。
その誕生会の日を、気持ち良く迎えるためにも、明日の掃除は、気持ちを込めておこないましょう。

日々、お世話になっている建物です。
感謝の意も込めて掃除に取り組みましょう。
建物は、物は、モノでも命があります。
そこに、人が集まることで吹き込まれる命があります。
大切さは、人と同じです。

だから、この場所があること、通える場所があること、この場所の存在、その思いは日々持って過ごしましょう。

ふやちょうに移ってきて、明日で、まる2年になるかと思います。あれから、もう2年の月日が経つのか…と、なんかしみじみする思いを、私と同様に感じるスタッフも居ることでしょう。事業所移転にかかる準備、慌ただしく、駆け抜けてきた日々、思い返せば、そこにも色んな出来事がありました。一言では、語り尽くせないほど、沢山あったことと思います。
そして、今があるのは、当時のスタッフの熱意や頑張り、働きがあったからです。

これは所長になったからこそ言えることですが、そういう人たちの想いも、さわさわスタッフは背負って、この場所で過ごしていただきたいと思います。これまでに、どんな人が携われていたのか、たとえ知らなくても、また今、力を貸してくださる人たちに対しても、 色んな人が関わって、その力で運営できていることを、心に刻んでおいてください。
これは、僕からのお願いです。