さわさわ4周年を迎えて

今日は、さわさわの4周年の誕生会でした。
みなさん、お忙しい中、今日の日の為に沢山の方々が御集りくださりました。総勢35名での有難い誕生会でした。
ありがとうございました。

今日の日を、みなさん、それぞれの想いのなかで祝ってくださったことでしょう。
去年の3周年から、また1年。
今日を迎える間にも色んなことがあり、また大きく環境も変わりました。
その中でも変わらなかったことがあります。
それは、みなさんが変わらずに、さわさわを大切な場所であると思ってくださってい
ること、なかなか足を運ぶことが出来ない方であっても、忘れないで思いやってくだ
さっていることでした。
今年では、Genkiさんが歌をご披露してくださったり、さわさわが誇る、よし笛デュオ、ウクレレ隊の演奏もあり、有意義な時間を過ごしました。

今日、来られなかった方も、たとえ、目に見える距離に居られなくても、日々、一緒に動いていけなくても、さわ
さわへの想いだけは変わらず、これから持ち続けていただけたら有難いです。
できる形で応援し、支えていただけたら、さわさわにとってこれほど幸せなことはないと思います。

そして、また新たな想いを乗せて、さわさわの歯車は動き始めたことでしょう。
これから進んでいく中で、変わらないもの、変わりゆくもの、あると思います。それでも、さわさわの成長、発展のため、これからもお力添えを宜しくお願いします。

これは、もう何度か話していることではありますが、【さわさわ】はパズルのようなものです。みなさん、おひとり、おひとりが【さわさわ】というパズルのピースを担っておられます。決して一つでも、欠けては完成しない大切なピース。でも、【さわさわ】というパズルが完成することも決してないと思います。それは、これから先、歩んでいく中で【さわさわ】が、もっと成長し、そのパズルは何倍にも大きくなり、その大きさの分だけピースの数も増えいくからです。決して、完成しない未完のパズル。だからこそ、終わりがなく、未来永劫続いていくのです。完成しないパズルであることを願います。

最後に、今回七夕の日に紹介できなかった、恒例の短冊の願い紹介です。
さわさわでは、今年も沢山の方が短冊に願い事を書いてくださりました。いくつか載せさせていただきます。

「みんなが健康で楽しく過ごせますように。さわさわの、ますます発展を。」
「さわさわのすてきなタイム。ありがとう。ここが、これからもみんなの笑顔があふれる場になりますように。」
「障害があっても、なくても、働ける場所が確保されますように。」
「みんなが元気に、さわさわに笑顔で通えますように。」
「星に願いを。さわさわが、いつも笑顔で包まれますように」
「良い人にめぐり会えますように!!自動運転(車)ができるようになりますように!!」
「自宅からさわさわまで道中で、出あう人たち、さわさわの活動を知ってもらえますように。」
「みんなで、沖縄に行きたい~」
「事故も、ケガも、ケンカもなく、毎日、楽しく、過ごせますように。 さわさわ一同」
などなどでした。
みなさん、さわさわへの温かな想い、願いや、社会に向けた発信まで書いてくださってますね。
さわさわに想いを乗せてくださった方々、ありがとうございました。

たんざく