すてきなご縁で・・・視覚障害理解の輪が、さわさわから

【セサミレポート】
暑い暑い中、エプロン着てー、マスクしてー、ゴム手袋はめてー、ヘアーキャップもつけてーー、衛生面も配慮ばっちり!で、きばって作業しているごまレンジャー☆です。
先週の金曜日は、ふらりとお客様が来られました。先日報告させていただいた、どこでつながるやら人のご縁…のお方。あれから3度目のご来店。何かお手伝いします!と仰ってくださったので、ごま作業のぱんぱんを一緒にしていただきました。
金いりごまのシール貼りは、川端リーダーにしていただいているのですが、シール貼り用のガイドを作り直して2つあったので、こちらも手伝ってくださったようです。

カフェでお茶もしてくださり、帰りに焼き菓子も買ってってくださり、すっかり身内のように、馴染んでおられました。こういう感じ、いいですね。ありがたいですね。

見え方についてもお話できました。見えにくい人がいるということ。実際に見え方を聞いて、佐藤さんびっくりされていました。見えない人の動きのイメージが、「座頭市」だったようです(笑)。もっと普通ですよね。いやしかし、普通ってなんなんでしょうね。

でも、ふつーーに、楽しく、視覚障害についての理解の輪が、さわさわから広がっておりますよー♡
以上、長文のTamayomeでしたー