ただ、中心にあるのは、健やかな自分自身

(Yoshikyo)

4月20日の、エイ先生のヨガこばなしを、ご紹介します。

今日は雨が降っていますが、
雨はいつか、必ず止みます。
止まない雨はありません。
このように、時間というものは、確実に過ぎて行きます。
私達は、調子が悪かったり、気分が沈んだり、することもありますが、
その時に、この状態はいつまでもは続かないと理解していることは、
とても大切なことです。
時間が経てば、そのような状態も過ぎ去って行き、
ただ、中心にあるのは、健やかな自分自身です。

ただ、いっとき、その時のまわりの状況などによって、
調子が悪いと感じていたりするだけで、
健やかな自分はなにも変わらないと、
客観的に分かっているのと、
分かっていないのでは、
物事に対しての対処の仕方も、大きく違います。
ヨガを通して、このような考え方を身につけていくことは、
とても大切です。

今日のヨガこばなしは、このようなお話でした。

カレンダーを見ると、
今日は、二十四節気(にじゅうしせっき) の、穀雨(こくう)です。
穀物を潤し育てる雨、の意味です。
穀雨までが、四季で言うところの春で、
5月6日の立夏(りっか)から、夏です。
時間は確実に過ぎ去って行き、
自分のまわりの状況は変わっていきますが、
エイ先生のお話のように、
中心にいる自分自身は、いつも健やかでありたいものですね。

yogacats09-133004