たっぷりお茶を 沸かして

(S木)

6月に入りました!気温も30度を超える日が出てきましたね。
もう、すでにマスク着用で過ごすのが暑くてたまりません。
京都は《冬は底冷え、夏は油照り》と言われる気候。
ああ…油照りの京都の夏をマスクで過ごすことになるのか…と考えただけでクラクラ
しそうです。
特にコロナ渦ということもあり、夏場もマスク使用が推奨されるということになるの
だと思いますが、そこで注意をしておかなければならないのが熱中症についてだそう
です。

そもそも人は夏になって、気温が高くなり体内に熱がこもるようになると、汗をかい
たり、呼吸をして冷えた空気を体内に取り込んだりすることで熱を発散していき、体
温調節を行う、ということなのですが、マスクをしていると熱がこもりやすく、発散
しにくくなることで、熱中症になるリスクが高まる、と考えられているそうです。
水分は、“こまめに・ゆっくり摂る”をこころがけるのがよいのだそうです。
さわさわでもこまめな水分補給を気兼ねなくしていただけるように、たっぷりお茶を
沸かしてお待ちしていますね。