ちょっと覗いたさわさわ・・・

(TNori)

午後曇って来たので少し心配しましたが、よかった、洗濯物たちはひらひら、ゆうゆうと二階ベランダで翻ってました。胡麻エプロンが7着ほどあったかな。火曜のさわメンバーの活躍ぶりが判ります。毎日30度とかのこの頃、しかし吹く風は秋を知らせてくれ助かってますね。

ここで失敗談:いつも洗濯洗剤は溶かしてからとみんなにあんなに口酸っぱく(母の得意語でした)言ってるのに!私がしてなかった。人に厳しく自分に甘いのがここにでてました。カフェエプロンが白っぽいのがついてますが大丈夫です。申し訳ありません。面倒だけどガラスの空き瓶がその辺にあるので洗剤をそれで溶かして、洗濯機内の洗剤の引き出しに入れてください。スイッチ入れると水がでてくるから一段と混じります。よろしくお願いします。

蒸し暑くしかし心地よいそよ風。この条件。最終段階に入った彼らが必死に飛んでます。一ヶ月前献血行って来たばかりなのに、その上足首までのソックスにズボン。二カ所も針打たれた。えっ? 悔しい? いやあ、まだまだ若いもんにゃ負けんけ。よかよかよ。

Wさんの報告にあったように昨日はお二人の新人さんも加わり、人が多いというよりそこは仕事場、さわさわ事業所でした。

Mさん「そやで、病院やったけんな、なんや来てしもうた。」ちいMさん、暑い中汗をかきかき午後「こんにちわあ」。すっかり若者紅一点、成長したM美ちゃん、「はい、はあい、はあ、はあ、そうですねえ。」汗拭き拭き。

大丈夫っすか?KNさん。老体を、ええっ、いや、その、重役担いすぎず労りながらリードお願いします。(ひやっ)

忙しい間を縫うように厨房ではおにぎり班(一人でも)Kおにぎり作成。「何人や?」「これ何のおにぎり?」「はよ食べ」「ちゃっちゃっちゃっ。」ちょっとKさん、カフェの注文より要領よくない?

S月、川Bコンビはまた杖をぶらぶらしながら帰って行きました。杖使ってね。

暑さと眠さでふらふらとして寺町通りを下る。向こうから年配の女性の方。ちょっと笑顔でこちらを見られている。数秒目が合ったまま、「あっ、こんにちは」よく来てくださる方。ご主人が退院されいつかはさわさわのカフェでTさんの三線特別演奏を聴いてくださった。うれしい再会。寺町通。私の知った人がいた。

そしてこちらも何ヶ月ぶりかの再会、KN2さんです。相変わらずの意味ありげな笑顔。早速カレンダーお買い上げ。懐かしい、一年前。一番病室に通ってくれた人。理事長にファーマーズのヨーグルト買わせた人だ。厨房でS月「だれ?しらん」

さわさわありがとう。みなさんありがとう。
ごきげんよう。たけのり(ほろよい・・・といいたいんだけど・・・酒がないんだよ・・・)