セサミレポート~まるでコーヒーにクリープ

(Take)

今日は、初めて胡麻シュガーのボトル詰めを手伝わせていただきました。
まずは、Shioさんの胡麻と砂糖の混ぜ合わせ作業を見学。
おーすごい、まるでコーヒーにクリープが溶け込むように、きれいに混ざって行きます。
では僕も。ということでやってみると、ググッ!以外にも重い手ごたえが。
Yoshikyoせんせい曰く、「Takeちゃん。そんなに力んだら肩こるでえ」と。
家でも力んでお好み焼きをひっくり返そうとすると、大概は飛び散るので
ここは慎重に! 時間はかかったけどなんとかなりました。

続いては計量。
なんだか、遊園地のボートのかじ取りといっしょで、はかりの針は右に行ったり
左に行ったりと結構難しいです。
でもさすがはMasamiさん、うまくされますね!
ぼくもスーパーの店員さんの量り売りみたいに、1,2回でピタッと決めてみたいです。

楽しい経験、色々とありがとうございました。