「三方によし(さんぽうによし)」を目指して・・・

(NoriW)

香川県香東園へのさわさわ楽団訪問が来週日曜日と迫りました。
胡麻の点字袋の製作をしてくださっている皆さん、お疲れ様です。
M田さん、おうちで内職してくださった分を持参していただきありがとうございました。
楽団の練習追い込みの皆さん、頑張ってください。
昨日、香川香東園さんから連絡があり、
先日、大量の胡麻を買ってくださった看護師のK川さんが、
胡麻の紹介入りのFAX申込み用紙を施設内で持ってまわり、
既に胡麻の注文をとり始めてくださっているそうです。感謝・・・。
さらに施設の総務の方からは香東園の給食に使えないか、
とお申し出くださっており、継続的なお取引に期待を寄せつつ、
業務用商品のご紹介の準備もしてゆく予定です。
楽団の演奏→さわさわが取り組む胡麻の紹介→ゴマの販売
というのは、2月22日23日にゼスト御池で行われるあい・らぶ・ふぇあでの
さわさわの活動スタイルと同じものとなります。
玉城さんの歌声と楽団の演奏に耳を傾けてくださり、さわさわを知ってくださった方々に
さわさわの活動を知っていただき、胡麻を買ってもらう、
視覚障がい者の就労を応援するつもりで胡麻を買ってみたら、、
「なんて美味しい」、、そして健康になる!というストーリーを目指していきましょう。
最近よく話題になる、近江商人の三方によし(さんぽうによし)というのがあります。
「売り手よし、買い手よし、世の中によし」
これに、年頭の松永理事長の言葉にもあった、就労継続支援事業の目的である
「家の外へ出る」「笑顔になる」「世の中に笑顔を広げる」を重ねた
さわさわならではの社会貢献を目指しましょう。