復刻版「K川カレー」~辛口の?感想

ボランティアのY岡です。
おはようございます。

復刻版K川カレー、いただきました。
「正直な、辛口の感想をお願いします」と言われて、昨日ちょっとドキドキしながら食べました。
一晩寝ないでレポートをまとめました。(うそうそ)

感想は、
とっても美味しかったです!

そして、ちょっと辛口の感想としては
・・

K川さんは今もお料理をされていて、
1ヶ月ほど前に、私はK川さんのカレーを食べました。
K川さんの作られたカレーは、辛さの後にフルーティーな甘味というか、
いろんなスパイスが合わさったような深みのある、何とも言えないパンチの効いた味がじわじわと襲ってきました。
復刻版K川カレーには、その襲ってくるモノがなかったかな~と思いました。
何かが足りなかったのかな?
カレー鍋の蓋を開けて見せてもらった時に、色が薄いなと思ったので、
もしかしたらカレールーが足りなかったのかな?

それとも、K川さんの「毒」が入ってないから?
(ってK川さん、ごめんなさい~(笑))

でも、毒なしカレーは、それはそれでシンプルにあっさりと美味しくて、また食べてみたいと思いました。
また是非是非作ってください。

ちなみに、K川さんに伺ったところ、その時に使うリンゴとリンゴジュースの味によって、微妙に味が変わるとのこと。
カレールーの量は、味と、お鍋をかき混ぜる腕の重さを頼りに、ルーを足したり、濃すぎたなと思ったらワインやリンゴジュースで薄めたりしながら作ってた。
そして、こうしてまた作ってもらえるなんて、うれしいわぁ、とおっしゃっていました。
本当にまた作ってくださいね。
ごちそうさまでした!!

Kカレー