日本胡麻協会の集まり

(KN)

5月11日の日本胡麻協会の集まりのご報告です。

「一般社団法人 日本胡麻協会」の発足を記念して、第1回の会合が、さわさわ2階にて行われました。
胡麻協会から参加されたのは、理事長の深堀さんをはじめ5名。
さわさわからの参加者は、理事のWさん、O兄さん、ボランティアのFさん、Iさん、YNさん、Akkoさん、KN、以上7名。
合計12名の集まりでした。

最初に、全員で胡麻山椒を作りました。
O兄とAkkoさんが、計量とブレンドを担当されました。
お二人とも胡麻作業自体は、ほぼ初めてながら、こなれた手つきで原料を混ぜ合わせておられました。
特に、Akkoさんが混ぜ合わせる姿は、深堀社長も絶賛するほどの腕前。
あっこさんいわく、「わたし、きっと前世もこういうことやってたと思う」とのこと。

「こういうことって、何?」
思わず周囲が突っ込みましたが。

「きれいに混ぜ合わさった時、香りがパッと変わる瞬間があるよ。」
深堀社長の教えどおり、そう言われれば確かにそう感じる瞬間がありました。
O兄、Akkoさんは、いち早く感じ取ってらしたご様子です。

Oさんと、DTPデザイナーのGさんは慣れない手つきで袋詰め。
Iさんは、シーラーで袋とじ。
そんな流れで、約3キロ分(100袋)の胡麻山椒が完成しました。
出来上がった胡麻山椒をそれぞれが手にして、記念撮影。

その後、懇親会。
コーヒーと、ごまシュガートースト、胡麻アイスをいただきながら、本日の感想や、これからの夢などを話して、胡麻尽くしの2時間でした。
日本胡麻協会様には、スペースレンタルしていただいた上、飲食代金、本日の参加者へのお土産の胡麻山椒までご負担いただきました。

余談ですが、深堀社長と石田先生は、昨日、今日と二日間続けて、カレー・チャイセットをオーダーしてくださいました。
深堀社長が、「大人になってから、こんな短期間に何回もカレーを食べたのは初めてや」と、おっしゃってました。
そう言いながら、これからもカレーを食べ続けてくださりそうです。

日本胡麻協会
http://www.wadaman-s.com/gomajapan/index.html