毎日新聞、全盲記者・佐木さんの記事

(Kano-T)

先日11月28日(金)の毎日新聞の朝刊のオピニオンの欄に、点字毎日部の全盲の記者佐木さんによる「視覚障害者の一人歩き」という記事が載りました。少し前に、白状や盲導犬を使って一人歩きをする視覚障害者がけがをするなどの事件が続きましたが、トラブルや偏見をなくす一番の方法は、社会の理解を深めることだという、あたりまえだけど、とても大事なメッセージを伝えています。視覚障害者の立場から、Yuyuさんも取材を受けています。
福祉制度が進み、教育現場での福祉の取り組みも増えてきているようですが、いまだに白状や盲導犬が視覚障害者にとってどれだけ大切か、十分に伝わっておらず、そんな状況を変えられるのは、当事者や関係者らによる生の声と積極的な実践だと記者の佐木さん。佐木さん自身、娘さん2人の朝の幼稚園の送りを担当。盲導犬や白状を使って子供と通園するスーツ姿の視覚障害者に、最初は周りは戸惑っていたようですが、4年間あいさつを交わすうちに、自然な風景に変わり、卒園後も地域の人たちから声を掛けられ、良好な関係を築く機会になったそうです。佐木さんの言葉をそのまま引用します。
障害の有無を超え、互いが歩み寄ることで、新たな体験の場が生まれ理解が深まり、大きな動きになる。「街を行く人たちと共に社会を変えたい」という思いを胸に、全盲記者ならではの記事を発信を続けたい。
さわさわも、障害の有無を超え、互いが歩み寄ることで、新たな体験の場となり、理解が深まるきっかけになりますように。