琵琶の演奏会2017の報告

(My)

重田さんと谷口先生の演奏はとても素敵でした。
私は琵琶の演奏を初めて聞かせて頂きました。
重田さんの元気なお声が、琵琶演奏時はとっても素敵なお声に。
谷口先生の琵琶の演奏が始まった瞬間に鳥肌がたちました。琵琶ってとても心地いい音なんですね。
ただただ、かっこぇー!すっげぇ! でした。
この感動をみんなへ伝えられる、知識と表現力と頭脳が私に備わっていない。残念です。

もともと、さわさわというカフェを皆さんに知ってもらおう、さわさわというカフェにもっともっとお客さんにきてもらおう!から始まり、実現し、今年で三年目。
お恥ずかしながら、重田さんに教えてもらうまで琵琶の演奏会が、YoshiKyoさんと重田さんが純粋に、さわさわを知ってほしい。という思いからはじまった。こんな素敵な理由だったとは知りませんでした。
もしかしたらスタッフの皆さんも知らなかったのかも。だから、ちゃんと今後に残していきたいです。
スタッフの皆さんも覚えていてください。素敵な人たちが素敵な思いで実現させてきたこのイベントの目的。そして、今後につないであげてください。

スタッフの皆さんは、みんなそれぞれ、動いて、営業して、しゃべって、書いて、打って(レジを)、売って(ごまやアイスを)、入れて、運んで、洗って、片付けて、掃除したりしてがんばってました。
ごまアイスは前日に仕込んだ分が売り切れました。
みんなの動きや働きを説明したいですが、とっても長くなるので割愛します。が、それも報告欲しい方はどうぞご連絡ください。恐ろしいほどの長文メールを送らせていただきます。
いや、冗談抜きでちゃんと見てましたよ。皆さん、本当におつかれさまでした。
よく考えると、私は大きな声で話していただけなのです。
いつもとおなじじゃない? と思ったのは私の気のせいですよね。
いやー、仕事のできる先輩方に恵まれて幸せいっぱいです。
ちゃんと電話の声が出ていたか心配ですが、特に大きな問題もなく終了したのでよかったです。

すばらしい演奏会にしてくださった、重田さんと谷口先生に感謝です。
来てくださったお客様にもがんばってくれたスタッフの皆さんにもいつも私を支えてくれる知子さんにも、なので、知子さんが私の靴を持ち帰り、私がごま作業用のピンクのサンダルで帰って、電車で数人から二度見されて恥ずかしかった。ってゆうのはチャラにします。

みんなで協力して乗り越えられた一日だったのではないでしょうか。
みなさんお疲れになったとは思いますが、カフェも繁盛し、ごまも売れ、お客様は喜んで帰ってくださいました。本当におつかれさまでした!今後も、さわさわを盛り上げて一緒にがんばっていきましょうね。