発信していくことで、変えていける

(Kana-J)

火災報知器

 

 

 

 

 

 

■■昨日のゼスト御池での警報音ですが、原因がわかりました。

本日、NoriWさんや、Yamakumさんが市役所駅の駅員さん、ゼスト御池の事務局に確認してくださり、昨日の出来事も伝えてくださりました。
確認してくださったところ、火災報知器をお客様が誤って押されたようでした。
気づいた近くの店の方が、スイッチを切ってくださったようです。
NoriW さんとYamakumさんは、ゼスト御池の事務局の方に、昨日の警報音が鳴っている時に、視覚障がい者が通りがかり、たいへん驚いたこと、音が止まっ ても誤操作などの状況説明がなかったのでとても不安だったこと、もしアナウンスがあれば安心して歩行を再開できたであろうことを伝えてくださったとのことです。
そうすると、対応してくだっさた職員さんも良いかたで、このことを会議に上げてくださるとのことです。
この機会を通して、ゼスト御池さんの配慮の向上につながれば、私たち、視覚障がい者にはとても有り難いことですね。
こうして、発信していくことで、身近な周りや、世の中でさえも変えていけるのでしょうね。