第9回さわさわ勉強会の報告とまとめ

(Takechan)

第9回さわさわ勉強会のご報告です。
Kana-J、K田、Takechanの3人で、講義内容を簡単にまとめましたので、残念ながら来られなかった方も、どうぞお読みください。アイフォンの使い方はもとより、GPSの仕組みや、安全な使用方法などについても、丁寧に教えて下さいました。

「アイフォンアプリによるナビゲーションの実演」
千一治療院院長 池本健児氏
2月11日(木曜日祝日)11時00分~12時30分
参加者16名(うち利用者6名)。

まず始めに、GPSのシステムについてのお話がありました。
GPSとは、地球のまわりを周回する人工衛星からの電波を受信することで、現在の自分の位置を知ること(測位)ができるシステムのことを言います。アイフォンは、アメリカが打ち上げているGPS衛星と、ロシアが打ち上げているグロナス衛星からの電波を受け取っています。ちなみにGPS衛星の数は、2009年現在で31個です。この電波情報と、アイフォンに内蔵されている各種センサーとの組み合わせで、現在の自分の位置や方向などを知ることが出来るわけです。
ただし、この測位には5メートル以上の誤差、現実的には「25メートルから30メートル程度の誤差が生じてしまう場合が多い」ことを考慮に入れて使用する必要があります。
ナビゲーションに使用できるアプリとして2つ紹介します

1、【ブラインドスクエア】
現在地情報、周辺施設情報、GPS情報(緯度経度)、検索機能、読み上げ機能などがあります。
実際、勉強会でも池本先生より実演していただきました。検索機能では、文字を直接打つこともできますが、色々な施設をカテゴリー別で探すことも可能です。例えば、ある地点から、カテゴリーとして「飲食店」をさがしているときには、音声では、「カフェ田中、右に85度、90メートル」というように、基本的には「名前、方向、距離」を読んでくれました。
さらに、現在の自分の地点をずらして、他の地点を起点にしての情報も得ることが出来るシミュレーションモードもあるので、まえもって目的地の下調べをすることができます。
それに、端末を振ると町内名と方角など、現在位置を伝えてくれます。また周囲を見回す機能もあり地図代わりに利用できます。

2、【アリアドネGPS】
現在地の確認、GPSの確認、速度、方向(どの方向に向いているか)、精度、垂直精度、目的地までの方向の確認(アイフォンを向けると振動する)等ができます
このアプリの最大の特長は、目的地の方向に向けると、アイフォンが振動してくれることです。アリアドネとは、ギリシャ神話に出てくる女神の名前で、地下の迷宮に入り込んだ人物が、迷った時もアリアドネが授けた糸に従って歩み、出口に出られたというお話があります。まさにその名にふさわしい機能です。ブラインドスクエアとの併用が可能で、とても便利です。
現在の所、ブラインドスクエアは3600円、アリアドネGPSは720円となっています。
上記の2つ以外にも、無料で使える物もあります。ただし、「コチナビゼロ」については、現在は、アップストアから削除されており、ダウンロードすることはできませんのでご注意ください。「ビアオプターナビ」は無料で使うことが出来ます。

【イヤホンの選び方】
外部の音が聞こえやすいタイプの物を選びましょう。特に骨伝導型のイヤホンは、耳の穴をふさぐことがないので、周囲の音が聞こえやすく安全です。それ以外でも、出来るだけ外からの音が入って来やすいタイプの物を選んでください。もっともよくないタイプの物は、耳栓タイプ(カナル型)のイヤホンで、外部からの音が遮断されてしまうので、アイフォン用には使用しないでください。

【安全な使用方法】
(A)アイフォンを購入したら、自宅で操作方法をしっかり練習して、感覚に慣れてから外で使うようにしましょう。
(B)「操作」と「歩行」を分けましょう。歩きながらの操作は危険ですので、立ち止まってからアイフォンを操作しましょう。