Author's posts

11月の「さわさわ音楽室」毎週月曜13時30分~14時30分♪

さわさわ音楽では皆さんのご参加を心よりお待ちしています!

音楽の好きな方、何か楽器のできる方、歌いたい方、ちょっとしたライブをしていただける方、ただただ楽しみたい方、この時間を一緒に盛り上げて頂ける方、どなた様もぜひぜひご参加ください♪

日時

毎週月曜日 午後13時30分~14時30分

予定

11月4日
後藤節子さんの節子の部屋
音楽好きの人おいでやす♪

11月11日
玉城忍の島唄なひととき
沖縄の歌と三線のアットホームな島唄ライブ♪

11月18日
吉田大治さんギター弾き語り
今回は暗い歌をお届けします♪

11月25日
玉城忍の島唄なひととき
沖縄の歌と三線のアットホームな島唄ライブ♪

ご予約・お問い合わせ Tel

075-744-1417

皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

10月の「さわさわ音楽室」毎週月曜13時30分~14時30分♪

さわさわ音楽では皆さんのご参加を心よりお待ちしています!

音楽の好きな方、何か楽器のできる方、歌いたい方、ちょっとしたライブをしていただける方、ただただ楽しみたい方、この時間を一緒に盛り上げて頂ける方、どなた様もぜひぜひご参加ください♪

日時

毎週月曜日 午後13時30分~14時30分

予定

10月7日(月曜日) 兄ぃさんのウクレレ体験会
10月14日(月曜日・祝) 玉城忍の島唄なひととき
10月21日(月曜日) 吉田大治さんワンマンライブ
10月28日(月曜日) 井手隊員のみんな何かやってや

ご予約・お問い合わせ Tel

075-744-1417

皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

幻メニュー!?「ゲンキ・コーヒー」

(エッセイ by  Genki★)

2012年5月、私は京都の町家にいた。所属するNPOがその町家でカフェを開くということで準備に来ていたのだ。(所属するNPOとは、ブライト・ミッション。視覚障がい者と晴眼者の相互理解などを広めるために作られた団体である。私も視覚障がいを持っており、中心視野以外が欠けた状態である)。

店の中にはすでに人がいて机を並べたり厨房の掃除をしたりしていた。私も掃除を手伝ったりレジ打ちの練習をしたりした。カフェの名前は「町家カフェ・さわさわ」、オープンは7月7日と決まっていたので焦りながらやっていたのをおぼえている。

オープンしてから1カ月ほどは身内客でもっていたが、ドリンクメニューしかなく、来てくれたお客様が帰っていくこともあった。そんな中、以前喫茶店をやっていたKさんがカレーを作ってくれることになった。牛すじを使った濃厚なカレーで今ではさわさわの目玉メニューのひとつになっている。最近ではおぜんざいやゴマを練りこんだアイスもおいている。どれもおいしいので一度食べてみてほしい。

写真:げんきコーヒー看板さて、ここでタイトルにある「ゲンキ・コーヒー」の説明をしたいと思う。私は、さわさわには週に3日~4日出勤していた。「ゲンキ・コーヒー」(以下、「ゲンキ」)が何故幻メニューかというと、私がさわさわにいるときにしか出せないものだからである。豆も違う。普段使っているものはモカブレンドだが「ゲンキ」で使うのはオリジナルブレンドなのである。それを手動ミルで挽き、コーヒー好きの方に教えてもらった方法でたてる。看板を出した当初は、頼んでくださるお客様はいなく、身内で飲む程度のものだった。しかし来てくださるお客様が増え、次第に「ゲンキ」が出るようになってくると、ある感情が芽を出してきた。中でも一番大きかったのは失敗したときの恐怖だった。

お金をもらっているわけなので、まずいものを出すことはできない。そんなプレッシャーを感じながら最初のころは淹れていた。しかし。お客様の「あ、おいしい」という何気ない一言を聞き、恐怖が消えていった。その時から、お客様においしいと言ってもらえるように気持ちを込めて淹れようと思えるようになった。

今、私はさわさわには行っていない(幻メニューとはそういう意味でもあるのだ)。大阪にある日本ライトハウスで訓練を行っている。はじめは自分で決めたこととはいえ、一緒に働いてきた仲間に申し訳ないと思い、なかなか話せなかった。しかし、話してみると皆、やさしく温かく背中を押してくれる言葉をかけてくれ、激励会まで開いてくれた。1年間しか共に働いていないけれど、私が今こうして歩いて行けているのはさわさわの仲間のおかげだと思っている。心から感謝の言葉を送りたい。

次に書くのは「自然に優しく自分に厳しい」たけのりさんです。どんなことを書くのかお楽しみに!
写真:コーヒーを淹れる Genki★

手縫いワークショップ~スタイ(よだれかけ)編

今日は、ゆったりした雰囲気の中7名の方が参加され、
さわさわからはロービジョンのTさんが参加してくださいました。
はじめてお越しになった方の中で、
さわさわの前でチラシを取られ前から
さわさわが気になっていたという方もいらっしゃいました。
他には、たけのりさんのつながりで、
福祉作業所のグッズなどを販売されている某ショップの店長さんや、
前回のカボチャパンツで参加したかったけど日が合わなかったので
今回カボチャパンツ作りで参加された方などです。

Tさんがご友人へのプレゼントのために、
なんとご自宅でいくつかカボチャパンツを作ってこられていて、
それがまたとっても可愛いい出来栄えで、
参加者の皆さんからは注目の的でした!
Tさんは針に糸を通すお手伝いのみで
あとはスイスイと微笑みながら慣れた手つきで今日も鮮やかに縫われてゆき、
さすが自宅で何枚も縫われてきただけのことはあると脱帽しました。
カボチャパンツとお揃いの布で作られたスタイ、
とっても可愛く完成されました!

今回は前回よりも簡単にできるものだったので、
皆さん和やかにおしゃべりしたり、時にはもくもくと縫われたり、
程よくそれぞれのペースでリラックスしたムードでした。
赤ちゃんをお連れになったのは一人でしたが、
二回目の赤ちゃんだったので、
さわさわ2階をまるで自分のお家のように慣れてくれていたのか
ヨチヨチつたい歩きで、行ったりきたり、みんなに可愛がられ、
モテモテでした(笑)
しかもあの場で、はじめて何も持たず手を放して立つことができた
という記念すべき瞬間を迎えられ、みんなで喜びました!

今日もおかげさまで誰も怪我なく安全に終えられ、
たけのりさんもお手伝いくださり、
スタッフの皆さんもお世話になり本当にありがとうございました。

次回は夏用やわらかケープです。
マントのような形のさっと服の上から着せたりできるスグレモノです。
見本を一枚玄関入って左にかけました。

ありがとうございました。

————————-

(以下、今日のワークショップの案内文)

「カボチャパンツ」ワークショップに続く第二弾

<<「赤ちゃんスタイ(よだれかけ)」を手縫いで作ろう!>>

日時・場所:5月23日(木)10時~12時・町家カフェさわさわにて
スタイ裏面となる30×30㎝程度のタオルのみ持参ください。
※赤ちゃんを抱っこやおんぶしての参加が可能と判断された場合は、
お連れしていただいて結構です。(付き添い大人歓迎→無料)
お怪我などの責任は負いかねますので、目を離さないでくださいね。

会場でお気に入りの生地をお選びいただき、
裏面はヨダレの吸収がいいようにタオルを使用します。
さわさわ限定★アフリカ布もご用意しています!

<お申込み方法>
メールを送信してください→nico_omise@yahoo.co.jp
タイトル「さわさわ会場<スタイ>申込み」
必要事項:名前、TEL、お子様同伴有無(同伴の場合はご年齢)、
希望スタイ(男の子用or女の子用or男女共通)、ベビーカー来店の有無

会の雰囲気など、くわしくは主催者nicoのブログをご確認ください。

「春々!!シャンソンショー」ステキに終了♪

画像:春々シャンソンショー チラシ

春々シャンソンショー チラシ

 

フィレールの会の皆さまのステキな歌声に酔いしれ、シャンソンというドラマの世界に引き込まれました。

さわさわ2階が感動につつまれ、「歌の力」を思い知った2時間でした。

みなさんのパワーがすごかった!!

さわさわスタッフから出演&熱唱した、ゲンゲンも、むちゃくちゃカッコよかったです、、、。

次回、「秋々!!シャンソン・ショー」は11月17日。皆さま、どうか、今から予定にいれておいてください。

写真:藤井先生、かとう先生に囲まれ舞台にたつゲンゲン

写真:藤井先生、かとう先生に囲まれ舞台にたつゲンゲン

写真:お礼の言葉を述べるわれらが理事

写真:お礼の言葉を述べるわれらが渡邉理事

写真:パワフルでステキなフィレールの会の皆さま@さわさわにて打ち上げ

写真:パワフルでステキなフィレールの会の皆さま@さわさわにて打ち上げ

フィレールの会の皆さま、力づよいご支援、本当にありがとうございます!

末永くこのご縁を大切にさせてください。

 

 

 

 

さわさわスカーフ、デビュー!

表はアフリカ布、裏はラオス布の組み合わせのスカーフを作りました。
このスカーフは今の季節はマフラーがわりにもなり、春からは首もとにクルリと巻くスカーフになります。
子供さんでも使えます。
もしも子供さんならマフラーにして使うのが絶対かわいいです!

首にあたる部分はラオス布を使っているので心地好いと思います。
アフリカ布はサイケな柄やポップな柄、渋い柄など様々ですがどれもインパクトのある色使い、柄が共通しています。

でも自然な風合いのラオス布の藍色や茶色と組み合わさることにより、不思議とどちらもが引き立てあいなんとも渋くかっこよくなり日本人のアジアな顔に似合う雰囲気になりました。

ラオス布とアフリカ布のこの抜群な組み合わせ、あまり巷には売ってないものだと思うので、オシャレに目立つこと間違いなしです。

無地のセーターやタートルネックなどのシンプルなお洋服の上に巻くだけでかなりセンスアップすると思います。

ラオス布は商品にする前に全部一度洗って、太陽にあて乾燥させた後にアイロンをかけてから作っているので、雨でずぶ濡れにでもならない限り極端に色落ちしたり服に着いたりはないと思いますが、念のため洗濯される時は他のものとは分けてください。
洗剤にもこだわりました。アトピーの方も安心してお使いください!

値段は2000円です。

写真:さわさわスカーフ

さわさわスカーフ、ほかにもいろんな柄があります!

胡麻の会 <わだまんの胡麻、さわさわにて販売開始>

(株)わだまんサイエンスの、深堀社長が、さわさわにお越しくださいました。
http://www.wadaman-s.com/
さわさわオープンのときにも、いらしてくださいました。
深堀社長の夢は「胡麻で世界平和を!」です。
現在40歳。一代で会社を創立された、明るくてパワフルな方です。
会社は、烏丸御池にあり、三条商店街に「胡麻屋くれぇぷ堂」、堀川御池に「ごま専門店」というお店があります。
ライトハウスまつりにも、「胡麻屋くれぇぷ堂」として、何度か出店してくださっています。京視協のイベントにも、お友達を引き連れて、何度もボランティア参加してくださっています。深堀さんの弟さんは、視覚障害者マラソン大会の、10キロの伴走で出場されました。

深堀社長の会社では、杵つきの美味しい胡麻を使った、ごま山椒や、七味など、香りの良い調味料、ふりかけ、お菓子など、様々な商品を作って販売されています。
商品の原料である、胡麻、山椒、のりなど、いろいろな原料を配合比率に従って混ぜ合わせて、ボトルや袋詰めにする。その工程を、ブライト・ミッションに委託したいとおっしゃってくださっています。
「京のふりかけ 胡麻山椒」の配合、袋詰め作業の工程の実演と説明がありました。ショパンのポロネーズを必ずBGMに流し、作業する側の心を穏やかにする・・・するとその心が胡麻にはいりこんで、胡麻が必ずおいしくなる・・・。
などなど・・・商品の説明にとどまらず、食べていただく方への真摯な思い、ものづくりの気持ちが伝わってくるような、心温まる時間だなぁと感じました。

さわさわにて、わだまんさんの胡麻の販売をさせていただくことになりました!
そんな思いを受け継いで、心をこめて販売させていただきます!
深堀社長、ありがとうございます!

ゴマソムリエ、ふかほり社長

2013年2月3日(日)よし笛デュオ・さわさわ演奏会

よし笛で描く、早春の音風景

画像:よし笛デュオ・さわさわ演奏会 チラシ13:00~14:00
参加無料

よし笛は、琵琶湖畔の葦(よし)でつくられた笛。自然の素朴さが表現できる小さな癒し系の楽器です。「風景を音で描きたい!」という自然愛好者によって1998年に考案された新しい楽器ですが、自然を愛する人々のあいだにじわじわと広がり愛されています。今回は、ロービジョンの女性ふたりのデュオによる演奏です。そっと目を閉じて、春の訪れの風景を心に描いてみませんか?

楽曲:春の歌メドレー(唱歌など)
場所:「町家カフェ・さわさわ」

 


よし笛デュオ・さわさわ演奏会

笛の音を聞きながら、素朴な春の風景を心に描きつつ、胸にこみあげるものがあり、会の終了後もじわじわと暖かいものが心に広がる・・・・そんな豊かな時間でした。

(前略)Hさん、Tさん、網膜色素変性症で見えにくいおふたりです。ともだちなので褒め過ぎはしませんが、ふたりの素直な取り組み姿勢が感動をよんだと思います。

多くの方が集まってくださって、古い町家に心地よいぬくもりが広がってました。
聴きながら。ふたりとの出会い、ご家族との出会い、辛そうだった日々や励ましあった思い出が胸に染みてきて、心の底から癒されました。ありがとう。

(W)

よし笛発表会にあたり、さわさわスタッフの皆様には本当にお世話になりました。ありがとうございました。心より感謝し、御礼申し上げます。私たちだけでは実現していなかったことが現実とできたのには、スタッフをはじめ、多くの方の応援のおかげです。

自分たちの楽しみだけのよし笛でしたが、無事に終えた今、皆様のお気持ちに甘えて、定期演奏会(!)にさせていただければと、調子にのって思っています。また、ご指導・アドバイス・アイデアいたたきますようお願いいたします。

(T&H)

ボランティア募集のお知らせ

NPO法人 ブライト・ミッションが運営する町家カフェさわさわでは、ボランティア・スタッフを募集しています。

「お問い合わせ」よりご連絡ください。

ブライト・ミッション設立1周年記念総会

時間:10時40分~12時40分
場所:町家カフェ・さわさわ

理事、正会員、カフェ・スタッフ、サポーターを含む21人が参加しました。

これまでの活動を振り返り、今後の展望、そして各自の活動に対する思いを確認しました。

総会後は、日没まで懇親会。スタッフの手作りの土手鍋、黒豆の煮豆、おにぎり、サンドイッチ、サラダ、ぶり大根、ジンジャーエール、鹿児島直送の薩摩揚げ・・・などで盛り上がりました。

写真:2012年12月08日 ブライト・ミッション総会の様子 1 写真:2012年12月08日 ブライト・ミッション総会の様子 2 写真:2012年12月08日 ブライト・ミッション総会の様子