k2

Author's posts

就労継続支援事業(B型)指定!

5月1日付けでさわさわは、就労継続支援事業(B型)の
正式な指定を受ける運びとなりました。(W)

旅立ちへの激励会

さわさわの看板メニューのひとつ、「ゲンキコーヒー」のげんきくんが
新たな門出をむかえることになり、激励会をおこないました。

4月29日18時前。
一行はさわさわを出発しました。
5分で到着した、台湾料理「青葉」さんは、
なんと4月29日店じまいと、その時にわかり、
びっくり仰天から始まりました。
理事長の挨拶、乾杯の音頭に続き、主役のげんきくんからの挨拶、
そして、酔わないうちに、ということで、一曲歌ってもらいました。
曲目は、「この道」という、日本の名曲です。
じゃあ、一番だけ、と歌いだしたげんきくん。
あがったのか、4番の歌詞を歌っていました。
その後、みなさまからの、あたたかい、激励の言葉をいただきました。
当人のげんきくんも、感激に涙して…と思いきや、
yuyuこと私と二人、紹興酒を飲んで、ご機嫌でした。

送別会幹事の、ハシゴというKNさんも、一つの送別会を抜けてきて参加。
「仕事で遅れるけど、私の分の料理は、置いといてねえー」
と、メールがあったWさんも加わり、総勢16名の会となりました。

これから、日本ライトハウスにて、
まずは、機能訓練、その後、職業訓練を受けて、
未来に備える決心をした青年げんきくん。
それを、輝けと心から応援する仲間たち。
新しい事業所としての決起集会にもなりました。
企画してくださった方ありがとう!
参加してくださった方、ありがとう!
残念ながら、今回は参加できなかった方々も、いつもありがとう!
2日の開所式には、またお会いできると、いいですね。(文責:yuyu♪)

ところで・・・「げんきコーヒー」を引き継ぐ、元気なスタッフは誰になるのかな?
それともあのスペシャルなコーヒーはしばらくおあずけになるのかな?
ちょっと気になります。

「手ぬぐいかぼちゃパンツ」ワークショップ無事終了

手縫いで作るベビー服ワークショップが無事に終了し、
さわさわ関係者からは4名が参加。
その他の方は初めてさわさわに来てくださった方でしたが、
自然にいろんな交流が生まれ、とってもなごやかで、
また、にぎやかな会となりました。
これは参加者のみなさんはもちろんですが、
直接的に協力してくださった方や、
ひそかに見守ってくださっていた皆さんのおかげだとも思います。
本当にありがとうございました。

写真:かぼちゃパンツワークショップ風景

写真:かぼちゃパンツワークショップ風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次回、第二弾として、
5月23日(木)10時から12時まで、
赤ちゃんスタイ(よだれかけ)のワークショップをさせていただきます。
今回のかぼちゃパンツよりも、とっても簡単!
お気楽に作れますので、お孫さんや、
ご友人の赤ちゃんへのプレゼントなどに、
よかったらご参加くださいね~。
さわさわを知っていただけることにつながればと思っています。
当日は、さわさわメンバーもまた何名か参加予定です☆(Mika)

————————-

主催者nicoさんのHP(今回のワークショップのことを書いてくださってます):

http://blog.nico-baby.com/article/356031844.html

————————-

参加した、yuyuさん、感動の報告:

「今日、さわさわの「かぼちゃパンツ作り」に参加してきました。
「久しぶりに針を持つわ。できるかしら…」とワクワクドキドキの
われわれ視覚障害者4人でしたが、かわいい子どもたちの声に囲まれるなか、
若いママたちと一緒に楽しく参加できました。
nicoさん、mikaさん、noritさんの指導もあり、
4人とも、完成!
ムカシトッタキネヅカというのでしょうか、
学校に持って行く雑巾を手縫いしていた時代の私たちだからこそ、
血の一滴も出すことなく、それどころか、
チクリともせずに仕上げたのですから、
達成感に包まれて、終えることができました。
参加者のママが、私の様子を察して、糸とおししましょかと、
手伝ってくださったのも、感激でした。
次回は、パンツとお揃いの布で、スタイ(よだれかけ)に挑戦します。
みなさん、ありがとうございました。(yuyu♪)」

写真:TYさん作、かぼちゃぱんつ。アフリカ布が超かわいい!

写真:TYさん作、かぼちゃぱんつ。アフリカ布が超かわいい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

————————-

(以下、今日のワークショップの案内文)

一枚の手ぬぐいを、ベビーにぴったりな「かぼちゃパンツ」に縫っていきます。
すぐに乾いて丈夫な手ぬぐいはベビーやキッズにピッタリ♪
お尻にゆとりあるゆったりしたパンツなので、0歳から3歳くらいまでの
元気なベビーやキッズに最適です。

大切なわが子へ、可愛いお孫さんへ
愛情込めて縫ったパンツを子供達へプレゼントしましょう!!

*「さわさわ」で販売されているアフリカ布での作成が可能です。
今回に限り、通常は2500円以上の、大判でしか出回っていない
鮮やかな色彩が特徴的なアフリカ布を、
特別に手ぬぐいサイズに裁断していただけることになりました。
低価格でゲットできる「アフリカ布付きプラン」がオススメです

日時: 4月18日(木) 10時~13時(出来上がり次第自由解散)
場所: 町家カフェ・さわさわ
金額: 手ぬぐい持込みプラン⇒1500円
アフリカ布付きプラン⇒2000円(お好きな柄を会場で選んでいただけます。)
作る物: 70~110サイズ程度の子供用カボチャパンツ
使用生地サイズ: 概ね33センチ×90センチ程度の一般的な手ぬぐいサイズ生地
持ち物: ハサミ、手ぬぐい持ち込みプランの場合は手ぬぐい、
もしくは手ぬぐいサイズの布
定員: 大人15名((抱っこやおんぶをしての参加も、
可能と判断された場合はお連れしていただいて大丈夫ですよ。
お怪我などの責任は負いかねますので、赤ちゃんから目を離さないでくださいね。
付き添い大人参加OK、付き添いの方は無料)
※さわさわは歴史ある町家を改装した建物であるため、
みんなで丁寧に扱っています。
その為、なるべく走り回ったりしないようご注意くださいね。

最小催行人数:4名
対象者: 手縫いをすることが出来る大人
(障がいの有無に関係なく、手縫いが出来る方なら
どなたでも参加できます。手縫いに不安がある方はご相談ください)

☆手ぬぐいは長い辺を腰に巻くような向きで作成するので、
柄の向きにご注意ください。上下関係のないランダムな柄が最適です。
また、半分に裁断して使用するので、
大きく動物の絵が1匹書いてあるなどの柄は不向きです。

 

詳しい柄のアドバイスはコチラをご覧ください

⇒ http://blog.nico-baby.com/article/322460905.html

注)ブログ記事は他会場の案内になっています

時間内に完成できなかった場合は、自宅で続きが縫えるように案内します。
(※見えない、見えにくい方が参加してくださり、
どうしても当日に仕上げたいという場合は、
続きをさわさわ店内でお手伝いすることも可能です)

「寺町を包む」~銅駝高校のすがのさん

写真:すがのさんと、出来上がったパッケージさわさわのご近所にある、銅駝高校。そのデザイン専攻の2年生のみなさんが、プロジェクト「寺町を包む」という課題にチャレンジされています。実際に寺町通りのお店のパッケージをデザインしているそうです。
すがのさんは、この課題のためのお店を探すために寺町通りを歩き、さわさわを小窓からのぞき、視覚障がい者と関係しているお店だとは何も知らずに、ただ、何かインスピレーションのようなものを感じて飛び込んでくれました。
環境とヒトとモノの関係に興味をもっていて、ものづくりに取り組んでいるということです。
また、視覚障がい者が社会でどういう状況におかれているかにも個人的に興味をもっていたとか。なのでたまたま飛び込んださわさわが視覚障がい者を支援しているNPOの経営だと知ってとても驚いていました。きっとこれも下御霊神社がもたらしてくれた縁ですね。

すがのさんは、何度も何度もさわさわに足をはこんでくれ、パッケージの途中経過を見せてくれました。
妥協せず、とても丁寧に作品をつくっている真摯な姿に、高校生とは思えないプロ根性のようなものを感じました。
完成したすがのさんのパッケージはスタイリッシュな赤い「円」の持ち手がついた大きなものと、小さなものがあります。ちいさいパッケージの青い裏面のドット柄をよーーく見ると、なんと!点字で「さわさわ」の文字がデザインされています。

写真:出来上がったパッケージ表面と裏面(それぞれにデザインが違います)。裏面のドット柄には「さわさわ」という点字の文字がデザインされています!実際にこれをパッケージとして利用するには、制作費などの制限があって難しいというのが現状ですが・・・。このステキなデザインは、さわさわの宝物としてずっと大切にしていきたいですね!

ごま工場の見学~就労継続支援事業開始に向けて・・・

NPO法人ブライトミッションは、町家カフェさわさわを含めて、
就労継続の事業所としての運営を目指しています。

そんな中で、(株)わだまんサイエンスの深堀社長から、
ごまの袋詰めなどの作業を、事業所の作業のひとつにというご提案をいただきました。
願ってもないことです。

そしてこの、「ごま作業部門」(仮)に、
視覚障害者がどんな形でどのくらい関わることができるのかは、
今後の検討課題となりますが、まずは、見える見えない見えにくいなど関係なく、
ごま作業をスタートすることを目指しましょう!(by理事長)

というわけで、ごま工場の見学ツアーを行いました!

3/21(木)、3/25(月)、3/30(土)
工場は野洲駅下車。琵琶湖畔のすばらしい環境でした。

合計で22名のスタッフが参加させていただきました。

写真:ごま工場にて集合写真

写真:ごま工場にて集合写真

 

 

写真:ごまつきの指導中の深堀社長!!

写真:ごまつきの指導中の深堀社長!!

写真:見学のあと、琵琶湖畔を散歩

写真:見学のあと琵琶湖畔を散歩

 

さわさわのトイレ工事

かねてから、超強力サポーターのKさん&Kさんが、「さわさわのトイレ、もうちょっと広くならんやろかなぁ」と、いろいろご検討くださっていましたが、本日、Kさんと京都リップルのIさんにより、トイレの拡張工事が終わりました!
トイレの位置が、約30センチほど手前になりました。ドア回りの素材は、木です。横幅と、ドアそのものは、以前のままです。

以下、全盲のトイレ評論家(?)NMの感謝のつぶやき・・・

「工事の当日は夜まで、電動のこぎりの音がしていました。
翌日、さわさわへ立ち寄った時、わざとトイレを使用してみました。
あの狭かったのとは比べ物にならない、ゆったりしたスペースになっていました。
これで、スタッフだけでなく、たくさんのお客様が喜ばれます。
われわれのために、ここまでやってくださる人達がおられることに、心から感謝です。(NM)」

「京都ホテルオークラ寺町散策マップ」にさわさわ掲載

大河ドラマ「八重の桜」で、夏以降の舞台が京都に移ることを受けて、京都ホテルオークラが、B4タテ、カラー版で、新島旧邸から、寺町商店街を経て、京都ホテルオークラまでの案内地図を掲載したスタンプラリーマップを作成されました。このマップにさわさわを掲載してくださっています。
このマップにスタンプを押されたお客様は、マップに書いてあるお店限定の特典を受けることが出来ます。さわさわの特典は、「季節のスイーツ100円OFF」現在の季節のスイーツは、もちろん、「小倉大納言ぜんざい」です。春夏向きの
季節のスイーツは近日デビュー予定です。お楽しみに!

寺町散策MAP

胡麻の会(第二回)<「胡麻シュガートースト」誕生>

今回は「ごま三盆」です。サトウキビが原料の、南四国の高級砂糖「和三盆」と胡麻の組み合わせです。今回は、前回と比べると、材料と配合が違うだけ で、他の工程は、ほぼ同じだそうです。深堀社長は、前回の「胡麻山椒」と、今回の「胡麻三盆」の袋詰め作業を依頼したいとおっしゃってくださっています。 深堀社長と石田先生のご指導のもと、どんな味なのか、メニューとして出せるかな、など、試食と、袋詰めの復習を兼ねてスタッフが集まりました。
やっぱり、わだまんさんの胡麻は香りがぜんぜんちがう・・・!ロービジョン・スタッフが溜息をついて独り言を言っていました。
さわさわのカフェ・メニューに「胡麻シュガートースト」が加わることになりました。
聞きしに勝る、その胡麻の香りと、お砂糖のつぶつぶした触感、ぜひお試しください。
進々堂のパンドミ―のさくさくした触感にとてもよくマッチしています。300円です。

ゴマソムリエ、ふかほり社長

ゴマソムリエ、深堀社長♪ 本当に愛情にあふれる方。

ゴマへの愛、人類への愛。ひしひしと感じます。

胡麻粒の細やかさの中に全人類・地球全体への愛を感じさせる

繊細さとスケールの大きさをあわせもつ・・・すごい方。

そんな深堀社長に応援していただいている、さわさわ・・・。

なんてしあわせなことでしょう。。。。

感謝。

節分の巻きずし@カフェ会議

KさんとTさんが用意してくださった節分のまき寿司。
南南東を向いてみんなと無言で食べながら、
次なる秘策の成功を祈りました。
下御霊さんのおかげに感謝し、また精進いたしましょう。(NW)

写真:巻き寿司をほおばる大黒柱女子たち・・・

写真:巻き寿司をほおばる大黒柱女子たち・・・

 

杉本彩さんらご来店!

わだまんの深堀社長が、知人で女優の、杉本彩さんと祇園の有名な中華料理屋さん「竹香(たけか)」の永田さん、おふたりの美女を、さわさわに連れてきてくださいました。

彩さんはケニアのくるくると渦巻きのペンダント、ピアスなど、お買い上げくださりました。

杉本彩さんは、芸能界でも動物好きとして知られていて、さまざまな動物愛護活動に関わっておられます。
そのため、盲導犬についても意見を聞かれたりする機会が多いとのことです。
杉本さんは、いいかげんなことは言いいたくないからと、東京のアイ・メイト協会、関西盲導犬協会に足を運ばれたそうです。
関西盲導犬協会では、アイマスクをして盲導犬と歩く体験もされたとおっしゃっていました。
さわさわでは、松永さんに「手引き(視覚障がい者のガイド)」のしかたを教わって、外を歩かれました。(KN)

杉本彩ブログ http://ameblo.jp/sugimoto-aya/
広東料理 竹香 http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26000545/

写真:美しい女性に囲まれまくりちょっとデレデレの松永理事長

写真:美しい女性に囲まれまくりちょっとデレデレの松永理事長

 

写真:手引き指導

写真:手引き指導