Category: 活動記録

11月27日(月曜日)さわさわチャリティーコンサート

さわさわチャリティーコンサート
~スウェーデン民族音楽で楽しい午後のひとときを!~

毎週月曜日の島唄なひとときで、華麗なる演奏をご披露くださっている赤澤淳(あかざわあつし)さんのコンサートです。
共演にフィドル(ヴァイオリン)奏者の高垣さおりさんをお迎えして、スウェーデン民族音楽をお楽しみいただきます。
深まりゆく秋の一日、町家の2階でスウェーデン民族音楽なんて、ちょっと粋(いき)じゃないですか。
お友達も誘って、是非聞きに来てください。
皆さまのお越しをお待ちしております。

【日時】 11月27日(月曜日)

              13時30分~15時終了予定
【場所】 町家カフェ・さわさわ 2階
京都市中京区麩屋町通二条下ル

  (市バス・地下鉄「市役所前」徒歩10分)

【参加費】 1000円

   参加費は、さわさわへの寄付になります。

【定員】  30名
【お申し込み・お問い合わせ】
   NPO法人ブライト・ミッション
   町家カフェ・さわさわ ℡075ー744ー1417
【プロフィール】
高垣さおり
4歳よりバイオリンを始める。1998年頃、京都在住のスウェーデン人と出会い、スウェーデン音楽を始める。その後スウェーデンを訪れて本場の音に触れ、この音楽を日本に広めることをライフワークとしている。

赤澤淳
二十歳の頃にアイルランド音楽に出会い、演奏を志す。その後北欧、東欧各国の民俗音楽や日本の音楽を研究し、ブズーキの可能性を広げつつ関西を中心に活動中。

見えなくったって、突撃だ! さわさわ探検隊レポート 第1弾

 

「BBの鉄博体験レポート」

 

京都鉄道博物館に行ってきました。

8月某日、京都駅でガイドさんと待ち合わせて、バスに乗車、鉄道博物館へ。
バスの中は、親子連れやカップル、鉄道好きの人で満員。
果たして席に座れるかどうか不安でしたが、なんとか座れたので一安心。
約10分程で目的地に到着。そこから徒歩で、切符売り場へ。
人がいっぱいでなかなか進めません。
ようやくたどり着いた券売機はタッチパネルなので、視覚障害者にはちょっと大変。
ここは、ガイドさんにお願いして無事チケットを購入。
料金は1200円(障割は、600円)です。

中に入ると、実際に走っていた列車が目の前のフロア全体に展示されています。
早速、大好きなブルー・トレインの中に入ってみました。
こんな狭い場所で座ったり寝たりしていたんだなあ、と改めて感心。
上のベットに行くはしごが直角になっているので、今だと怖くて登るのをためらって
いたかも(笑)。
次は、旧大阪環状線の実物模型の車内の中へ。
吊革を触ったり、椅子に寝転がって酔っ払いのおじさんの真似をしているところをガ
イドさんに写真に撮られてしまいました。


フロアの下から、その車両の裏側(車輪、モーター、ブレーキなど)を見ることがで
きます。
見えなくても、ブレーキを作動させる部分や動く椅子など普段は触れない所に触れた
り、運転台にも入ることができるので楽しめます。
ジオラマなどを楽しむには、ガイドさんに説明してもらうといいですね。
在来線と新幹線の運転シュミレーターは、面白そうだけど、視覚障害者にはちょっと
無理かなぁ?(笑)
本物のSLがけん引するスチーム号の待合室は、客車の一両がそのまま使われています

SLに乗って旅気分で園内を一周。(約10分)汽笛の音や、車内アナウンスで回りの
状況も楽しめます。
蒸気機関車館は、実際に走っていた機関車がズラリと展示されていて、圧巻!
蒸気機関車の操作部分に触れることもできます。運が良ければ、転車台(てんしゃだ
い)に乗った蒸気機関車が方向転換するのが見られるかも。

お楽しみの昼食は、レストランで食べるか弁当を買って食べるかを迷いながらうろ
うろしていました。
レストランは、入り口に行列ができていて、あまりの人の多さにうんざり。
弁当を買って、食堂車で食べることにしました。
メニューは、電車にちなんだカレーやサンドイッチ、SL弁当などなど。
もちろんビールもあります。
ガイドさんが頼んだSL弁当はその名のとおりおかずがまっ黒で、ご飯も緑色。
開けてみてびっくりで、なかなか面白いですよ。ちなみに僕は普通のどんぶりにした
ので、冒険心がないなあといわれました(笑)。
最後に寄ったお土産コーナーも人が多くて選ぶのが大変です。
お菓子類や、Tシャツ、ストラップ、模型、ハンドタオル、ボールペン、ノートなど
が販売されていました。
たくさんあり過ぎてどれにするのか非常に迷います。面白いグッズも色々とあります
よ。

昔走っていたバスの資料や鉄道の資料がたくさんあるので、乗り物の歴史もよくわ
かります。
鉄道好きな方にも、そうでない方にもおすすめです。
鉄道の魅力を体感してみてはいかがですか?是非一度遊びに行ってみてください。

(おまけ)
そこから歩いて約20分ほどで、京都水族館に行くこともできます。
入場せずに入れるお土産コーナーで、いろんな魚やペンギンなどのぬいぐるみを選ん
だりお菓子などを買うのもありですよ。

(ガイドさんからひと言)
昔懐かしいものから最新のものまで、実際の車両がズラリと展示されていて圧巻で
す。
ドアの開閉システムやブレーキの仕組みなど、体験できるコーナーもたくさんありま
す。
もちろん各コーナーには墨字で解説が書かれていますので、代読で説明もばっちり。
そして園内に走るSLの汽笛と燃える石炭のにおいには、五感を刺激されます。
全部を楽しむなら一日では足りないかもしれませんね!

(BBから最後に一言)
ほかにもいろいろ体験したり、触れられる場所があるそうなので、また行ってみた
いです。レストランには鉄道にちなんだメニューもいっぱいあるみたい。(ドクター
イエローハヤシライスとか)
次回は、レストランでメニューを見ながら、あれこれ迷いながら選んでみるのもいい
かな?

10月9日 月曜日 島唄なひとときスペシャル

 

さわさわチャリティコンサート 島唄なひとときスペシャル 詩人の魂を歌う を開催いたします!!

さわさわチャリティーコンサート 島唄なひとときスペシャル
~「詩人の魂」を歌う~
お待たせしました!
島唄なひとときスペシャル、
今回は「詩人の魂」と題して、詩人たちが作詞した美しい曲を集めてみました。
前回の「子守歌コンサート」では、会場中を眠らせた吉田大治さんが、
「詩人の魂」で皆様の心を揺さぶります。
友情出演の赤澤淳 (あかざわあつし)さんは、
スケジュールが空けば参戦してくれます。
全員参加のお楽しみコーナーもご用意しています。
もちろん、最後は、島唄でにぎやかに!
泣かせます、癒します、笑わせます!
お楽しみがぎゅっと詰まった午後のひととき、
是非お友達お誘いあわせの上ご参加ください。
皆様のお越しをお待ちしております。

【日時】 10月9日(月) 13:30~15:30 終了予定
【場所】 町家カフェ・さわさわ 2階
【協力費 一口 500円~
※協力費はすべてNPO法人ブライトミッションを通じて
視覚障がい者就労支援活動に使わせていただきます。

【登場人物】
・吉田大治 見た目からは想像できませんが、僧侶です。
しかもなんとフリーアナウンサー。
今年のテーマはオリジナル曲作り。
さらに肩書が増えました。な、な、なんとガイドヘルパー。
・赤澤淳 (あかざわあつし) アイリッシュブズーキの第一人者。
スタイリッシュな音楽から炭坑節まで何でも弾きまっせ。
口数少なくさりげなく、楽器でギャグを飛ばします。
・玉城忍 さわさわが誇る島唄の星。三線(さんしん)担いでどこにでも!。
おしゃれな曲も弾きまっせ。

※お昼ご飯、持ち込み可ですので、みんなでワイワイ楽しくお昼しませんか?
※京料理「まつ茂(まつも)」のお弁当(1100円)もご用意しています。
ご希望の方は、10月5日までにお申し込みください。

【お申込み・お問い合わせ】
町家カフェさわさわ  075-744-1417

8/28㈪ 臨時休業

皆様いつもありがとうございます!

8月28日月曜日ですが、誠に勝手ながらさわさわのカフェ営業は臨時休業させていただきます。
みんなで、嵐山 健光園へ出張島唄なひとときにいってきます!!

玉城忍さん、快挙!~第23回琉球民謡コンクールで最優秀賞

(G藤)

さわさわ島唄の星、玉城忍さんが第23回琉球民謡コンクールで最優秀賞を受賞しました。
ミセス玉城、ジュニア、おばあちゃんの一家4人で沖縄での芸能祭に参加、玉城家のパワーで台風5号も吹き飛ばし、快挙をなしとげました。
9月から再開の島唄なひとときが待ち遠しいですね。

同行援護従業者養成研修(一般課程)

皆さんもガイドヘルパーの資格とりませんか?
(画像をクリックすると拡大されます。)
視覚に障害を持つ仲間たちが中心になって始めた視覚障がい者ガイドヘルパー養成研修
見える・見えない・見えにくいみんなが繋がり、視覚障がい理解を広げる
【NPO法人ブライト・ミッションの活動】となって皆さまのもとへうかがいます。

日程
8月4・5・7日 会場 町家カフェさわさわ
8月19・20・21日 会場 京都福祉専門学校
締め切り 7月25日
お申込は町家カフェさわさわ075-744-1417までお願いします。

島唄なひととき2017年6月26日(月)

6月26日(月)の島唄なひとときで演奏させて頂いた曲目になります。
今回は、琉球民謡の安波節(あはぶし)から入らせて頂きました。

それでは、今回演奏させて頂いた曲目です。

安波節(あはぶし)
祝節(いわいぶし)
豊節(ゆたかぶし)
嘉手久(かでく)

吉田さんコーナー
今月のオリジナル 小さな考古学博士(ちいさな こうこがく はかせ)
詩人シリーズとして 島崎 藤村(しまざき とうそん)の 椰子の実(やしのみ)を
演奏してくださいました。

そのあとは、永島さんと一緒に、みんなで乾杯(かんぱい)。
砂岡さんと一緒にみんなで海の声(うみの こえ)
そして、リクエストを頂いての平和の琉歌(へいわの りゅうか)
島人ぬ宝(しまんちゅぬ たから)
安里屋ユンタ(あさどや ゆんた)
遊び庭(あしびなー)
豊年音頭(ほうねん おんど)で盛り上がりました。

以上です。
それでは、みなさんいつもありがとうございます。

島唄なひととき2017年6月19日(月)

6月19日(月)の島唄なひとときで演奏した曲目になります。
今回も、琉球古典音楽から入らせて頂きました。

それでは演奏させて頂いた曲目です。

琉球古典音楽から渡りザウ~瀧落管撹(たちうとうしすいががち)

ここからは琉球民謡・オキナワンポップスとして
祝節(いわいぶし)
安波節(あはぶし)
てぃんさぐぬ花(てぃんさぐぬ はな)
安里屋ユンタ(あさどや ゆんた)
遊び庭(あしびなー)

吉田さんコーナー
今月のオリジナル 小さな考古学博士(ちいさな こうこがく はかせ)
詩人シリーズとして、西條 八十(さいじょう やそ) 蘇州夜曲(そしゅうやきょく

を歌って下さいました。

そのあとは、みんなで 涙そうそう(なだそうそう)
そして、島人ぬ宝(しまんちゅぬ たから)
竹田の子守唄(たけだの こもりうた)
そして最後にカチャーシー 法然温度で盛り上がりました。

以上です。
それではみなさんいつもありがとうございます。

琵琶の演奏会2017の報告

(My)

重田さんと谷口先生の演奏はとても素敵でした。
私は琵琶の演奏を初めて聞かせて頂きました。
重田さんの元気なお声が、琵琶演奏時はとっても素敵なお声に。
谷口先生の琵琶の演奏が始まった瞬間に鳥肌がたちました。琵琶ってとても心地いい音なんですね。
ただただ、かっこぇー!すっげぇ! でした。
この感動をみんなへ伝えられる、知識と表現力と頭脳が私に備わっていない。残念です。

もともと、さわさわというカフェを皆さんに知ってもらおう、さわさわというカフェにもっともっとお客さんにきてもらおう!から始まり、実現し、今年で三年目。
お恥ずかしながら、重田さんに教えてもらうまで琵琶の演奏会が、YoshiKyoさんと重田さんが純粋に、さわさわを知ってほしい。という思いからはじまった。こんな素敵な理由だったとは知りませんでした。
もしかしたらスタッフの皆さんも知らなかったのかも。だから、ちゃんと今後に残していきたいです。
スタッフの皆さんも覚えていてください。素敵な人たちが素敵な思いで実現させてきたこのイベントの目的。そして、今後につないであげてください。

スタッフの皆さんは、みんなそれぞれ、動いて、営業して、しゃべって、書いて、打って(レジを)、売って(ごまやアイスを)、入れて、運んで、洗って、片付けて、掃除したりしてがんばってました。
ごまアイスは前日に仕込んだ分が売り切れました。
みんなの動きや働きを説明したいですが、とっても長くなるので割愛します。が、それも報告欲しい方はどうぞご連絡ください。恐ろしいほどの長文メールを送らせていただきます。
いや、冗談抜きでちゃんと見てましたよ。皆さん、本当におつかれさまでした。
よく考えると、私は大きな声で話していただけなのです。
いつもとおなじじゃない? と思ったのは私の気のせいですよね。
いやー、仕事のできる先輩方に恵まれて幸せいっぱいです。
ちゃんと電話の声が出ていたか心配ですが、特に大きな問題もなく終了したのでよかったです。

すばらしい演奏会にしてくださった、重田さんと谷口先生に感謝です。
来てくださったお客様にもがんばってくれたスタッフの皆さんにもいつも私を支えてくれる知子さんにも、なので、知子さんが私の靴を持ち帰り、私がごま作業用のピンクのサンダルで帰って、電車で数人から二度見されて恥ずかしかった。ってゆうのはチャラにします。

みんなで協力して乗り越えられた一日だったのではないでしょうか。
みなさんお疲れになったとは思いますが、カフェも繁盛し、ごまも売れ、お客様は喜んで帰ってくださいました。本当におつかれさまでした!今後も、さわさわを盛り上げて一緒にがんばっていきましょうね。

第2回さわさわカラー講座の報告

こんにちは、masamiです。
Konyさんに続き第2回カラー講座の報告です。
2回目のカラー講座は、男性2名、女性10名、計12名の方が参加の、リップクリーム作りでした。
お色は、透明、オレンジ系、ワインレッド系、ピンク系の4色です。
みんな、好きな色や自分に似合う色をそれぞれ選び、色ごとの4チームに分かれて作りました。
はじめに、中村先生が、カップにチームの人数分のキャンデリアワックスという天然の植物ロウとマカデミアナッツオイル(香りを取り除いたタイプ)を入れてくださりそれを、湯せんして粒がなくなって透明になるまで混ぜました。
次に、ピグメントという色の粉を入れてもらっい、それをひたすら混ぜ混ぜ。
私がいたチームは、ワインレッド系チームだったのですが、人数が多いせいかなかなか混ざらず、しかも、いっぱい指に飛んだりして苦戦しましたが、お隣のピンク系チームを見ると、さすがピンクなだけあって、おしとやかに綺麗に混ぜられてました。
性格出ますね(笑)
混ざったら、その液体を、型に入れてもらい、固まれば完成!!
すごく可愛いのができましたー☆
最後にみんなで記念写真!
自分で作ったものをつけれるなんて嬉しいですね!
またやりたい!や、もったいなくてつけれなーいという声もありました!
ほんとに楽しかったです☆
中村先生、ありがとうございました。
次回のカラー講座もお楽しみに~☆☆☆