Category: カフェブログ

トイレの神様

(takenori)

今日はさわさわ~の日でした。決まって来たくださる男性の方が今日も来てくださりました。あっこさんによると関東の方とかです。震災前に来られ京都で成功しておられます。いろんなラック(幸運)がありますがこの方もある意味そうだったのでしょうか。しかし人からは幸運でも本人にとっては正反対の場合もあり・・・やはりご本人次第でしょうか。もう一人の男性、カフェに入るのは久しぶりの私。久しぶりにお会いしました。うれしいですね。いつもありがとうございます、と言えるのがうれしい。

今日は久しぶりに便所、いえ、東司をお掃除しました。いつも綺麗です。床をこする束子ですが、大きめの束子に短い棒のついたのが使いやすいです。デッキ用のブラシを買っていただきましたが、あれは隅が擦れず持ち手が長過ぎ余計な力が入り無駄です。広いところを、角の心配がないようなところむきです。スタッフは洋式ベンキの便座は開店中も時折持ち上げ点検してください。う○○やお○○○の跳ねたのがくっついてる時があります。

ぞうきん等ですが桜の枝にかけてますが、あそこは見場も悪いので、面倒ですが二階のベランダに干してください。風も通るしお陽さんもあたり乾燥だけでなく殺菌面でも良いところです。
最近さわさわの植物を気にかけてくださるボランティア、利用者の方がおられます。一緒に呼吸してます。お隣の方のように話しかけ様子を見てあげてください。表面が乾いていたら水をあげてください。視覚障の方も触ると感じられます。

今日はおぼろ月。後三日で満月。街の灯りにかき消されがち。でもその明るさは何より明るい。月を時には浴びてみてください。じんわ~り、暖かいよ。

ほな久しぶり、ほろ酔いたけのりでした。

杉本彩さん効果で、ごまの注文殺到・・・!

セサミマイスターのNoriWです

先週金曜日朝、「はなまるマーケット」で杉本あやさんがふかほりさんの「金つきたてごま」を紹介されたことで、ふかほりさんのネット通販に申し込みが殺到

番組詳細はこちらの社長ブログへ——>★
10時過ぎにはさわさわにも、金つきたてごま袋詰め1000個の注文が入りました
今回は焙煎した金胡麻を臼と杵で搗くところからさわさわが担当し、記念すべきさわさわ製金つきたてごまを出荷することになります
定休日のさわさわ店内でのんびりと胡麻の香りに包まれて一緒に作業してくださる方、ぶらっと寄ってセルフで飲み物を作って飲みながら胡麻つきを見学してくださる方大歓迎です
ぜひぜひお越しください

さわさわ1年お誕生会

(NoriW)

2012年7月7日に開店したさわさわ、1年のお誕生日を迎えました!
本当にたくさんの方々に、心からのお祝いをいただきました。
お誕生会は参加者59名の大盛会となりました。
2年目をめざして、また歩んでまいります!
お心のこもったお祝いもたくさんいただき、本当にありがとうございました。

【会次第】
司会  O兄理事
15時開始
理事より挨拶
乾杯挨拶     Yukoさん
お弁当料理紹介   masuminさん
16時頃より
Tさんの三線とエイサー踊り
Gさんの歌

17時頃より
セサミマイスターによる胡麻搗き(Wnori・Tnori)
胡麻のお土産お渡し

18時から
打ち上げ
【胡麻料理メニュー】
おしながき(Yさん作成)
もやしのカレー風味
枝豆
茄子の田楽(金つきたてごま)
なます(金つきたてごま)
きんぴらごぼう(香椒七味)
蒸し鶏のゴマドレ和え(白ごま焙煎ドレッシング)
どて焼き(香椒七味)
いんげんの卵炒め(胡麻山椒)
金ごまいわしのバラ寿司(金つきたてごま、金ごまいわし佃煮)
玄米巻寿司三種  卵・野菜・アボガド(金つきたてごま)

胡麻づくしお弁当

胡麻づくしお弁当

20130707_164029 20130707_164020 20130707_17535020130707_183244  20130707_170219-SMILE 20130707_194432 20130707_18072220130707_18085920130707_213053

 

雨音はショパンのポロネーゼ♪

(yuyu♪)

雨の一日でした。
朝、IK様が来てくださいました。中庭のこと、らっきょのこと、など日頃のお礼を申し上げました。今日は新じゃがを持ってきてくださいました。今日のスタッフで皮付きのまま蒸して、お塩でいただきました。めちゃうまでした。残りの新じゃがや、IKさん手作りの煮物を、ボランティアさん含めた今日のスタッフでありがたく持ち帰ったそうです。(え~っ?!残ってないのお~?話だけかい??ですよねえ。)
お昼に、SDさんのご主人が、自宅農園でできた野菜を届けてくださいました。SDさんは京都ライトハウスでMTさんKGさんKSさんたちと一緒に、点字をされておられる方だそうです。玉ねぎ・赤玉ねぎ・きゅうりを車で運んでくださいました。
雨の中にもかかわらず、こうして持ってきてくださる。たくさんの方に支えられているさわさわだと、また今日も感じました。嬉しい美味しい一日でした。
当たらなかったみなさま、ごめんちゃい~。食べた奴らの代弁に、お会いになったら、お礼をお願いします。私は食べてないけどぉ…と、付け加えていただいていいです。

ごま作業、雨音とショパンポロネーゼの音色を聞きながら、穏やかにおこないました。黒ごまの香りは、また一段と香ばしくて、『南部せんべい食べたーい!』と思いながらの作業でした。
しばらく雨が続きます。いつも以上に、足下に気をつけてケガのありませんように。
おやすみなさい。

幸せな午後・・・

(NoriW)

明石から白杖の男性(網膜色素変性症だそうです)が
大阪でもらったという「ありがとうカード」(詳細こちら★)を手に、
サックスの箱片手の爽やかな青年とご来店下さいました。
「前から来たかったので」とおっしゃりながら、
カレー、アイスチャイセットを召し上がり、
追加注文もしてくださいました。
Kさん、ライトハウスのYさんも合流し、最後は記念撮影。
彼らと入れ替わりに来店されたKHさんが、
「今のお客さま、あー楽しかったぁ、って言いながら歩いておられましたよ」と。

幸せな午後でした。

本日はおひがらも良かったようで、
夕方からタキシードや蝶ネクタイの男性のお客さま数名が
二次会までの繋ぎに寄ってくださいました。
点字コースター(詳細こちら★)を触りながら
「これ、何て書いてあるんですかぁ」とお決まりの質問をいただきました。

点字袋、好評です・・・!

(Mika)

さわさわで販売している、胡麻や雑貨のラッピング用袋は、
点字古紙のリサイクル。スタッフの手作りです。

本日、雑貨も売ってるの?と言いながら入ってこられた
オシャレな三人の女性のお客様のお一人がまずピアスを買われ、
ピアスが入った点字袋をかわいい~!と気に入られました。
さわさわスカーフを買ってくださったお客様は
最初は袋はいらないと言われたのですが、その点字袋をみて、
「自分用やけどかわいいから私もその袋に入れてほしい!」と、
点字袋が大好評でした。

昨日、M田さんが一人で、もくもくと袋を作っておられました。
点字古紙を切り、貼ると下の両角にロービジョンであるがゆえに
どうしても1ミリくらいのすき間ができることを、
ご自分では「納得ならないわ」と、話していました。
私から見れば十分綺麗で、誰も気にならないくらい完成度が高いのに、
M田さんは、「もらう人はその人一人やから、
袋なんて誰もそこまで思わへんかもしれんけど私は一個一個、
心を込めてやりたいねん」と。

今日のお客様をみて、その真心が伝わってる・・・と感激してしまいました。

ちなみに点字とか全然知らない私の家族は、さわさわの点字袋をみて、
「胡麻みたいでかわいいな!」と言っており、
なるほど~そういうふうにも見えるのかと思いました。

写真:点字古紙の手提げ袋 写真:点字古紙をつかった袋4種

「おついたち」のお赤飯

(WNori)

朝からカミシンジョウ組のSさんが通所練習ため、見守りガイドのFさんと来店。
Fさんは「あくまでも見守りなので盲導犬として来る」と言っていましたが、
トイレ掃除をしたり、チラシまきにも行ったり役立つ盲導犬ぶりでした。
ありがと。
お昼にはライトハウスから婦人部の皆様がガイドさんと六名で
チラシ片手に来られ、賑やかにお食事をされ、
胡麻もお買い上げいただきました。
杉本彩さんがふかほりさんの胡麻であの美貌を保っているという記事(こちら★)に、大きく反応されていました!

久しぶりにカフェ・スタッフとして働きましたが、Kさん、Yuyuさん、masuminさん、Yさん、
午後からMikaさんと、皆さん流れるように動きがスムーズで、
開店当初、ドタバタで身も心もへとへとだったことが懐かしく思い出されました。

おわりがけ、Takenoriさんが「おついたちだから」と
玄米のお赤飯(もちろんお手製)を持ってきてくださいました。
商売繁盛を願う「おついたち」のお赤飯、
とっても美味しく炊けてました。やるねぇ!
ご馳走さま。

待ちに待った新ショウガの季節!

(Yuko)

今日は手縫いワークショップ
胡麻作業、胡麻ラッピング袋作り、カレー仕込みと、
活気に溢れた1日でした。
みなさん、お疲れさまでした。

そして待ちに待った新ショウガの季節となりました!
Kさん、Tさんとで漬けました。
私も、Kさんに教えて貰いながら見よう見まね。

まるで親戚の女衆で集まってご馳走を作っているような…
町内でワイワイと炊き出しをしているような…
古き良き日本の台所って感じの、あったか~いさわさわ厨房でした。
Kさん、立ちっぱなしの1日お疲れさまでした!

 

朧月の夜に・・・

(Takenori)

本日のできごと:

・IKさんご夫妻が11時頃おみえになり、薄暗い裏のやつでの木の周りに小さな庭を作ってくださいました。ヤツデを右奥に置き、手前とその奥の二面に分け、手前に白い小粒の砂を敷かれその上にお二人が沖縄で拾って来られた貝殻と、珊瑚礁を置きました。(題して、「さわさわビーチ」)  奥側には杉苔をしかれ、シャガ、ユキノシタほか2~3種類の植物を植えられました。適度な陽が当たってくれ適度な水分補給もありで、生き返ると思います。とってもフレッシュな、そして良い気が流れてるように感じます。おトイレに行くのも楽し。

写真:IKさん作の坪庭、「さわさわビーチ」

写真:IKさん作の坪庭「さわさわビーチ」

 

・昨日も来ていただけたSさんがガイドさんとみえられました。さわさわに登録していただけるとか。明日Sガイドと手続きに行かれるそうです。またひとりまたひとりとメンバーが増えうれしいですね。

・ご年配の壮年の方ご友人を3名連れて来られ胡麻アイスをご注文。このカフェのこと説明してくださってました。うれしいですね。私が知ってるからと自信をもってくださる方があって。

・朝、Mさん登場、Tさんが水汲みで出勤。Kさんが眩しい中登場。Yさん3時頃、続いてS姉御が締めのために出勤。Kさんが夕方ガイドさんと。そしてカレーの買い物に出かけられる。定期でいるスタッフの合間に次々とつなぎのメンバーがさわさわ。みんなが繋げてるさわさわ。

・そうですね。去年の出会い。もう懐かしい一シーンになりましたね。手帳もらい損なったけど皆さんには毎日のようにお見舞いに来ていただいて、どうなっていたんでしょう。またヨーグルト食べたいな。皆さんのおかげで今日があります。ありがとうございます。

朧月の夜、ほろよいTakenori

下御霊神社お祭り~思い起こせば・・・あれから1年

(Akko)

本日は、下御霊神社お祭りでしたが、
あいにくの雨で、雨宿り客2組、その内のひと組は、オーランド ブルーム似(Yさんいわく)のドイツ人と日本人女性カップル、ガイヘル受講生のお客様が、松永さんの本をご紹介し、ご購入!

理事長、Sさん親子、O妹親子&兄
御神輿をかつぐ 勇ましい声、お馬さんのパコパコ蹄音
子供っちらの わた菓子、フランクフルト
外にでれば
出店のイカ焼きの匂い
スズヤさんのカミシモ姿

いつもの さわさわ とは、ひと味 違った
お祭りムードでした!

思い起こせば、昨年の下御霊神社お祭りの日に、
オープンメンバーと 顔合わせパーティー?で、
私は、Wさん、Mさん以外の皆さんと、ほぼ初対面!
警戒気味に にさん言葉を交わしたあの日から、1年かぁぁ!と、
あの時の私は、現在の自分の状況を夢にも 思わなかったなぁ!と、
出会いと、つながりに感謝と共に、あの時の勇気の1歩が、なかったら…

皆さんにも、出会えてなかったのよねぇ!
などと、思ったりなんかしてぇ…

いつもと違う!Akkoどした!

以上どすえ!