Category: メディア掲載情報

読売新聞に掲載されました!

読売新聞、京都版「古都の風」のコラムに、記者さんがさわさわのことを書いて下さってます!

「前向きな姿に触れ元気に」

取材拠点の地裁(中京区菊屋町)の近所に「さわさわ」という店名の町家カフェがあります。何気なく立ち寄ると、アフリカ雑貨で装飾された店内には「見えない、見えにくい私たちが始めました」との貼り紙が。視覚障害者が働くカフェなのです。

昼食を取りながら店員さんとお話ししていると、「私はロービジョンなんです」と教えてくれました。ロービジョン? 聞けば、全盲ではないけれど、弱視など様々な見えにくさを抱える人を指す言葉と知りました。

就労が難しいとされる視覚障害者が安心して働ける場を作ろうと、中京区のNPO法人が2年前に開きました。目が見えるスタッフもいますが、全盲やロービジョンの30~70歳代の約10人が調理や接客を行っています。何も知らなければ気付かないほど所作はスムーズでした。

注文したメニューは、牛すじやタマネギなどをじっくり煮込んだカフェ一押しのカレー。網膜の病気でロービジョンになった北川吉子さん(67)が視 力のあった頃、大阪で経営していた喫茶店で出していました。視力は徐々に低下し、今では光を感じる程度といいますが、お客さんがおいしいと食べてくれるの が喜びで、「病気が進行しても、その時、自分にできることをしていきたい」と笑います。

「さわさわ」は東アフリカ地域の一部で使われるスワヒリ語で「大丈夫、大丈夫」の意味。「転んでも、失敗しても大丈夫」と、スタッフを応援する メッセージを込めたそうです。でも、前向きな北川さんたちの姿に接すると、こちらが元気になれそうです。皆さんも一度訪れてみてはいかかですか。(杉山弥 生子)

(2014年2月23日  読売新聞)

KBS京都テレビの「ふれ愛さんか」で特集

写真:「ふれ愛さんか」撮影風景

「ふれ愛さんか」撮影風景

2012年11月17日、KBS京都テレビの「ふれ愛さんか」で、さわさわが特集されました。


KBS京都テレビ「ふれ愛さんか」バナー画像

クリックすると、KBS京都テレビ「ふれ愛さんか」のページにリンクします。

FM79.7「らくらく5」に松永さん登場。

2012年10月4日、FM79.7「らくらく5」に「ブライト・ミッション」理事、松永さん登場。

写真:FM79.7 「らくらく5」に松永さん出演の様子

FM79.7 「らくらく5」2のホームページより。
(写真をクリックすると、FM79.7 「らくらく5」2にリンクします。)

松永さんいわく「京都市は視覚障害者に対して優しい街であり、外に出歩いている視覚障害の方が日本では一番多いのではないか。」

そして、そのあたりの理由を放送で話しました。

「さわさわ」の宣伝も忘れずにしてくれたようです!

詳しくは、FM79.7「らくらく5」2のページをご覧下さい!

http://797rakuraku2.seesaa.net/article/295411215.html

2012年9月26日 京都新聞に掲載

タイトル:「視覚障害者にくつろぎと仕事の場」

サブタイトル:大津のNPO、京にカフェ イベント相談会も

(NPO法人の登記住所が大津市なので大津となっています)

2012年9月26日 京都新聞記事:「視覚障害者にくつろぎと仕事の場」 画像

(記事画像をクリックすると、PDFファイルにリンクします)

写真解説:

カフェ店内で店員の田原弦喜さん(右)がお客様の渡邉さんにカレーセットのアイスティーを運び渡すシーン。渡邉さんは笑顔。左後方のお客様は小河正子さんでやはりカレーセットのトレイを前に笑顔。奥には上月さん作のハンドメイドのカラフルなバッグがディスプレイされているのが見える。

カラー写真のため木目の壁、ウオーターヒヤシンスのソファーのナチュラルな感じがよく出ていて、かつ、右手に格子の引き戸が見えて町家であることがわかる写真になっています。

写真の下に「明るい雰囲気の町家カフェ「さわさわ」=京都市中京区丸太町下ル」と書いてあります。

 

(以下、記事を貼り付けます)

視覚障害者が働くカフェ「さわさわ」が、職業訓練と居場所づくりを目的に今夏、京都市宝京太町下ルに開店した。障相談会や障害への理解をけの催しも予定しておりは「誰もが気軽に交流できるカフェに」と思い描く。

視覚障害者や研究者でつくる大津市のNPO法人プライトミッションが運営する。病気や事故で中途失明したり弱視となった場合、仕事や生活が一変し、精神的に落ち込んで孤立するケースも少なくないという。そうした人たちの集う場をつくろうと、町家を借り、7月に開店した。安心してくつろいで、との思いからスワヒリ語で「大丈夫」の意味の店名にした。

弱視者15人がスタッフに登録し、働いている。飲み物やすじ肉カレーなどが載るメニュー表は点字を使ったり、弱視でも見えやすい地色に自抜き文字にするなど配慮した。音声パソコンやガイドヘルバーの利用法の講習会や、互いに悩みを分かち合う「ピアカウンセリング」などの相談会も随時開き、障害者が過ごしやすい店を目指す。市民との交流に点字教室やよし笛を学ぶ会も予定する。

スタッフの川口朋子さん(44)=奈良県生駒市= も3年前、病気で失明宣告を受けた。今では「多くの人とつながることで前向きに生きていく決意ができた」と振り返り、笑顔を見せる。不定休で午前11時半から午後3時半まで。

さわさわ 電話075(744)1417

(生田和史)